試合区分:No.12
開催期日:2017年9月6日
開始時間:14:20:00
開催場所: さいたま市記念総合体育館 Aコート
主審:一色 渉
副審:中澤 美保子

白鷗大学 91 26 -1P- 11
22 -2P- 19
34 -3P- 15
09 -4P- 15
-OT-
-OT-
60 日本体育大学

白鷗大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 星 香那恵 23 1 2 10 13 0 0 1 3 2 5 3 0 0 2 18:01
5 神﨑 璃生 6 0 1 2 3 2 2 0 0 1 1 5 1 0 0 19:49
6 春日 イザベル瑠璃 3 1 1 0 3 0 0 2 1 1 2 0 1 0 1 11:58
7 米長 華菜 DNP
8 佐藤 京香 2 0 2 1 3 0 0 0 2 4 6 1 2 0 3 15:59
9 上田 祐季 16 4 7 2 7 0 0 1 1 2 3 3 1 0 4 19:54
10 渡辺 葵 2 0 0 1 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 1 7:05
12 小林 沙織 0 0 2 0 7 0 0 0 0 1 1 1 0 0 3 12:32
14 佐坂 樹 13 0 0 6 7 1 1 2 0 4 4 1 0 1 2 22:07
15 天坂 伶香 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 7:11
16 菊地 恵里奈 8 0 1 4 5 0 0 1 0 4 4 0 0 0 0 12:30
17 山崎 澪菜 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 2 3 0 0 1 12:10
18 軸丸 ひかる 5 1 1 1 3 0 0 1 1 2 3 0 0 0 0 15:46
19 今村 優花 3 1 1 0 1 0 0 1 1 1 2 0 1 0 1 6:12
20 シラソハナ ファトージャ 10 0 0 5 13 0 0 0 10 7 17 1 0 2 5 18:46
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4 7 0 0 0 0 00:00
合計 91 8 18 32 68 3 3 11 22 36 58 19 6 3 23 200:00

日本体育大学

HC:木下 佳子
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 吉野 沙理 DNP
8 奥村 美空 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5:50
11 呉 侑萱 12 0 0 6 18 0 0 2 2 6 8 1 0 0 1 36:03
12 篠原 弥玖 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 2 0 2 4:54
13 長澤 惠望 3 0 1 1 3 1 2 3 1 0 1 1 3 0 0 14:26
16 折居 七海 6 0 2 3 5 0 0 2 1 2 3 0 0 0 4 14:16
17 三塚 ゆり 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 6:12
18 齋藤 麻未 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 4:59
21 天江 菜月 DNP
23 宮島 芙舞姫 20 4 10 4 11 0 0 1 3 4 7 0 0 0 2 38:54
32 玉置 愛理 2 0 0 1 2 0 0 0 0 1 1 2 1 0 4 17:29
34 石嵜 悠華 DNP
37 齋藤 絢 2 0 0 1 2 0 0 0 2 3 5 0 0 0 3 13:39
47 佐藤 日菜乃 10 0 4 5 14 0 0 3 0 1 1 1 1 2 2 32:24
48 渡邊 いろは 5 1 4 1 1 0 0 1 1 0 1 0 1 0 1 10:53
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 2 7 0 0 0 2 00:00
合計 60 5 22 22 58 1 2 12 15 23 38 5 8 2 22 200:00

GAME REPORT

 第1ピリオド、開始早々、白鷗大は#20ソハナのポストプレイを皮切りに、#4星のドライブやジャンパーなど、怒涛の五連続得点で一気に流れを引き寄せる。一方の日体大は、相手の堅守を前に成すすべなく、ミスを連発。一方の白鷗大は、中盤以降も、#4星、#9上田を中心に得点を重ね相手を寄せ付けない。終盤、日体大は、#48渡邊が3Pシュートとドライブをねじ込むも、26-11と、白鷗大が大きくリードし第1ピリオド終了。

  第2ピリオド、序盤、白鷗大は、#9上田が3Pシュートと鋭いドライブで加点し勢いづける。対する日体大は、第1ピリオドは無得点と沈黙していた#23宮島が得意の3Pシュートやジャンパーを立て続けに沈め、息を吹き返す。しかし中盤、白鷗大は、高さでアドバンテージのある#14佐坂や#20ソハナ、さらに好調の#4星がドライブやジャンパーを決めるなどバリュエーション豊富な攻撃で相手に主導権を渡さず、48-30。白鷗大がリードを広げ、後半戦へ。

  第3ピリオド、白鷗大は前半同様安定したプレイを見せ、#4星のジャンパーや#18軸丸、#9上田の3Pシュートなど的を絞らせないオフェンスで得点を量産。一方の日体大は、#47佐藤が孤軍奮闘。確率良くジャンパーを沈め、何とか得点を繋ぐ。終盤、日体大は#13長澤(惠)のパワフルなドライブや#11呉がペイントエリアで奮闘するも勢いに乗り切れず、一方の白鷗大は、#5神﨑が絶妙なアシストパスでチャンスメイクしリズム良く加点。82-45で第3ピリオドを終える。

  第4ピリオド、巻き返しを図りたい日体大は、#23宮島がドライブで仕掛けると、#47佐藤、#37齋藤が続き意地を見せる。対する白鷗大は、中盤、リザーブメンバーを投入するも呼吸が合わずミスが目立ち、#19今村が3Pシュートを決めるも後が続かず得点が止まる。一矢報いたい日体大は、終了間際、#23宮島が3Pシュートを決めるもタイムアップ。91-60と、バリエーション豊富なオフェンスと堅守で相手に主導権を渡さず、実力を見せつけた白鷗大が白星を手にした。

松本 さくら