試合区分:No.1254
開催期日:2018年9月22日
開始時間:12:40:00
開催場所: 新座市民総合体育館Aコート
主審:武藤 陽子
副審:廣瀬 俊昭

白鴎大学 97 27 -1P- 24
31 -2P- 11
23 -3P- 19
16 -4P- 19
-OT-
-OT-
73 日本体育大学

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 三木 里紗 8 2 6 1 4 0 0 1 1 2 3 1 1 2 0 16:45
5 神﨑 璃生 3 1 1 0 0 0 0 1 0 3 3 4 1 1 2 14:05
6 春日 イザベル瑠璃 0 0 1 0 0 0 0 1 2 0 2 0 0 0 0 3:38
7 米長 華菜 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:01
8 佐藤 京香 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 10:07
9 上田 祐季 23 4 7 5 9 1 2 1 1 1 2 0 2 0 1 24:43
10 山下 詩織 8 0 0 4 4 0 0 1 0 3 3 0 0 0 0 6:52
12 小林 沙織 2 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 9:30
13 小笠原 彩香 2 0 0 0 3 2 2 1 1 0 1 0 0 0 0 8:37
14 佐坂 樹 10 0 1 4 4 2 2 2 2 3 5 0 0 0 2 23:35
15 天坂 伶香 13 1 1 5 5 0 0 1 0 2 2 0 1 0 0 14:37
16 菊地 恵里奈 2 0 0 1 3 0 0 2 1 2 3 0 0 0 1 11:22
18 軸丸 ひかる 14 0 1 5 6 4 5 0 1 3 4 2 1 1 2 22:59
19 今村 優花 4 0 2 2 3 0 0 1 1 2 3 1 1 0 1 6:35
20 シラソハナ ファトージャ 8 0 1 4 8 0 2 0 2 3 5 1 1 3 1 23:34
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4 7 0 0 0 1 00:00
合計 97 8 23 32 51 9 13 12 15 29 44 9 9 7 14 200:00

日本体育大学

HC:木下 佳子
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 吉野 沙理 DNP
4 白川 万智 3 1 3 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 12:21
5 阪納 百 5 0 1 2 4 1 1 1 2 1 3 0 1 0 0 10:07
8 奥村 美空 0 0 1 0 1 0 0 1 0 1 1 1 0 0 1 14:09
11 呉 侑萱 10 0 0 5 10 0 0 1 0 2 2 1 0 0 2 23:03
15 久米 捺美 11 0 0 4 8 3 4 1 1 2 3 0 0 0 2 30:04
16 折居 七海 4 0 0 2 6 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 16:51
18 齋藤 麻未 18 2 8 5 12 2 2 3 2 4 6 2 0 1 4 30:31
28 宇賀神 百可 DNP
32 玉置 愛理 7 1 2 2 8 0 0 1 2 1 3 2 3 1 2 27:13
35 丸山 美怜 1 0 0 0 2 1 2 2 0 2 2 0 0 0 0 16:38
37 齋藤 絢 8 2 2 1 4 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 10:02
43 梶原 志保 DNP
48 渡邊 いろは 6 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9:00
99 矢野 紗也佳 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 12 3 15 0 0 0 1 00:00
合計 73 8 19 21 57 7 9 12 19 17 36 6 4 2 14 200:00

GAME REPORT

昨年3位の白鷗大学と昨年8位の日本体育大学の一戦。序盤、日体大は#18齋藤(麻)中心に得点を重ねるが、白鷗大は#18軸丸を中心に連続して得点し、3点のリードを得る。第2ピリオド、白鷗大は#15天坂の活躍により日体大との点差を一気に13点まで広げ、58-35で前半を折り返す。第3ピリオド、日体大は#18齋藤(麻)の3Pシュートで勢いを取り戻すも、白鷗大#9上田も3Pシュートを決め日体大を寄せ付けずリードを保ち第3ピリオドを終える。第4ピリオド、両チームともに得点を重ね点差は変わらないまま、97-73と、第2ピリオドに奪ったリードを守り切った白鷗大が勝利した。


 第1ピリオド、白鷗大#4三木が先制すると、#20ソハナもシュートを決め好調なスタートを切る。一方の日体大は序盤なかなか得点できず苦戦するも、#11呉が得点すると#18齋藤(麻)も得点しスコアが動き出す。中盤、日体大が白鷗大を追う展開が続く。終盤、日体大が得点すると白鷗大も#9上田を中心に得点し、拮抗した展開となり、27-24で第1ピリオドを終える。


 第2ピリオド、白鷗大#15天坂が3Pシュートで先制すると、日体大#32玉置もレイアップで決め返す。序盤、白鷗大は#15天坂が9得点を挙げる活躍を見せ、点差を広げる。中盤、日体大#48渡邊が3Pシュートを決め反撃が始まるかと思いきや、白鷗大#9上田がすぐさま3Pシュートを沈め、日体大に流れを渡さない。終盤、日体大#15久米がゴール下のシュートを決めるが、58-35と、白鷗大が点差を広げ前半を終える。


 第3ピリオド、日体大#18齋藤(麻)が3Pシュートを決め先制する。序盤、白鷗大#9上田が3Pシュートを2本決めるが、日体大#18齋藤(麻)が4連取し日体大も勢いを取り戻す。中盤、白鷗大#4三木が3Pシュートを決めると日体大#32玉置も3Pシュートを決め点差は変わらない。終盤、両チームともに得点を重ね、81-54で第3ピリオドを終える。


 第4ピリオド、日体大#15久米が先制すると白鷗大#15天坂もすかさず得点する。日体大が得点すると白鷗大も得点する展開が続き、点差は変わらない。中盤、日体大#5阪納がバスケットカウントを決めると、#37齋藤(絢)が2本連続で3Pシュートを決め後に続く。終盤、日体大はゴールに果敢に攻め込むも追いつくことはできず、タイムアップ。リードを守り切った白鷗大が99-73で勝利した。


北原 明日香