試合区分:No.1264
開催期日:2018年10月6日
開始時間:16:00:00
開催場所: 筑波大学筑波校舎
主審:古畑 香子
副審:佐藤 麻衣子

早稲田大学 59 20 -1P- 13
09 -2P- 06
15 -3P- 24
15 -4P- 13
-OT-
-OT-
56 筑波大学

早稲田大学

HC:倉石 平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 安藤 友里恵 DNP
3 長谷川 玲子 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 5:05
5 細貝 野乃花 3 1 3 0 0 0 0 3 0 1 1 1 0 0 0 14:10
11 神山 夢来 DNP
12 石井 香帆 DNP
14 田中 真美子 14 0 0 5 9 4 4 0 1 5 6 1 0 2 0 22:31
17 河村 くるみ DNP
20 岩田 千夏子 DNP
21 高田 静 24 2 3 5 11 8 11 3 0 5 5 3 2 0 2 40:00
23 澁谷 咲月 2 0 3 1 4 0 0 0 2 3 5 0 0 0 1 30:45
25 中村 美羽 9 0 1 3 9 3 3 1 0 6 6 0 0 0 0 20:33
26 船生 晴香 DNP
28 大西 胡桃 DNP
33 中田 珠未 3 0 0 1 11 1 1 1 0 8 8 1 1 0 2 31:47
37 内山 未悠 4 0 2 2 8 0 0 0 1 1 2 0 1 1 5 35:09
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 7 6 13 0 0 0 1 00:00
合計 59 3 12 17 53 16 19 8 11 36 47 6 5 3 11 200:00

筑波大学

HC:柏倉 秀徳
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 松居 祐花 DNP
5 嘉数 唯 2 0 1 1 2 0 0 3 0 0 0 0 1 0 1 14:09
11 木村 珠貴 6 0 0 3 6 0 2 3 4 2 6 0 0 0 2 22:38
14 伊藤 遥香 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 5:20
16 高辻 真子 10 2 5 2 7 0 0 3 0 4 4 4 2 0 4 37:34
20 矢田 真悠 7 1 2 2 3 0 0 2 0 3 3 0 0 1 1 16:31
23 渡邊 悠 10 0 0 5 11 0 0 3 0 2 2 1 0 1 0 30:35
24 佐々木 芽衣 DNP
25 原田 知歩 DNP
31 夏井 麻朱 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:26
32 佐藤 由佳 7 0 1 3 10 1 1 1 2 3 5 1 0 0 1 27:34
37 田中 みなみ DNP
43 澤田 佳奈 DNP
45 佐藤 由璃果 14 0 4 5 13 4 4 4 2 8 10 1 2 1 1 37:32
72 出原 菜月 0 0 1 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 5:41
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 11 13 0 0 0 0 00:00
合計 56 3 15 21 54 5 7 21 10 34 44 7 5 3 10 200:00

GAME REPORT

開幕6連勝と未だ無敗を守る早稲田大学とホームゲームで勝ち星をあげたい筑波大学との一戦。第1ピリオド、筑波大は外角シュートやオフェンスリバウンドで得点につなげる一方、早稲田大は#21高田を起点に攻撃を組み立て得点し7点のリードを得る。第2ピリオド、なかなかシュートが決まらず互いにスコアが伸びない時間が続き、早稲田大リードのまま前半を終える。第3ピリオド、早稲田大は#21高田が勝負所で得点するが、#20矢田や#32佐藤(由佳)の果敢なアタックで流れを掴んだ筑波大が1点差まで詰め寄り最終ピリオドを迎える。第4ピリオド、互いに譲らずシーソーゲームとなるが、中盤、連取に成功した早稲田大がリードを広げ筑波大を振り切り、試合終了。59-56と早稲田大が完全アウェーの中接戦を制し、連勝記録を伸ばした。


 第1ピリオド、序盤から互いに堅いディフェンスを敷く中、早稲田大#37内山がジャンパーを決めたところでスコアが動き出す。その後、筑波大は#16高辻のコントロールから#23渡邊や#45佐藤(由璃)が得点していく。対する早稲田大はガード陣のドライブが冴え、#21高田や#23澁谷を中心に加点していく。しかし終盤、早稲田大は#21高田や#5細貝の3Pシュートに加え、#14田中の巧みなポストプレイが光り、20-13。早稲田大の一歩リードで第1ピリオドを終える。


 第2ピリオド、追いかける筑波大は#45佐藤(由璃)や#23渡邊のドライブで得点するもその後シュートが決まらない時間が続き、我慢の時間となる。一方の早稲田大は、#14田中や#21高田が加点するが相手の堅守を前にスコアが伸びず、互いにロースコアな展開となり、29-19。早稲田大リードのまま前半を終える。


 第3ピリオド、序盤、追いかける筑波大は、#20矢田のジャンパーや3Pシュートで連取に成功すると、流れを掴み一気に4点差まで詰める。しかし早稲田大は#21高田が落ち着いて3Pシュートを決め悪い流れを断ち切ると#37内山や#25中村も落ち着いてシュートを沈めリードを守る。終盤、筑波大は#32佐藤(由佳)のドライブを皮切りに攻撃のペースを上げると、#45佐藤(由璃)や#23渡邊の得点で勢いづく。さらに終了間際、#32佐藤(由佳)が鋭いドライブからバスケットカウントをねじ込み、44-43。筑波大が1点差まで迫り第3ピリオドを終える。勝負の行方は最終ピリオドへ。


 1点差で迎えた第4ピリオド、序盤、早稲田大は#14田中のポストプレイで得点する一方、筑波大は#16高辻の3Pシュートや#45佐藤(由璃)がシュートを決め譲らず、一進一退の攻防が続く。しかし中盤、早稲田大#21高田の連続得点で一歩前に出ると#25中村も続き、5点のリードを得る。終盤、後がない筑波大は#16高辻や#23渡邊のアタックで得点につなげるも、着実にフリースローを決め得点を重ねた早稲田大に一歩届かずタイムアップ。59-56で早稲田大が勝利し、開幕7連勝を達成した。


松本 さくら