試合区分:No.1267
開催期日:2018年10月7日
開始時間:14:00:00
開催場所: 筑波大学筑波校舎
主審:渡邊 諭
副審:荘司 愛

拓殖大学 87 23 -1P- 27
26 -2P- 14
22 -3P- 19
16 -4P- 15
-OT-
-OT-
75 東京医療保健大学

拓殖大学

HC:佐藤 森王
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 別所 優香 DNP
6 三浦 レナ DNP
10 村瀬 久美 DNP
12 浜井 彩 DNP
14 吉田 舞衣 19 5 14 2 4 0 0 3 2 5 7 1 1 0 1 38:39
18 小関 梨帆 DNP
29 長岡 侑里 2 0 0 1 2 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 3:29
31 大橋 恵実 2 0 0 1 2 0 0 1 0 2 2 1 0 1 1 6:30
33 古野 実希 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:21
35 水野 妃奈乃 18 2 7 3 11 6 7 1 6 10 16 2 0 0 3 35:08
36 小笠原 美奈 7 0 2 3 9 1 2 3 2 4 6 1 1 0 2 36:31
37 西尾 友歩 DNP
39 藤田 歩 2 0 0 1 2 0 0 3 0 3 3 0 1 0 3 16:38
57 加藤 奈月 23 1 3 9 14 2 2 2 4 3 7 0 2 0 0 33:12
77 中村 美仁 14 2 4 3 4 2 2 0 1 3 4 2 1 0 2 28:32
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 4 9 0 0 0 1 00:00
合計 87 10 30 23 48 11 13 14 20 36 56 7 6 1 13 200:00

東京医療保健大学

HC:恩塚 亨
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 若原 愛美 9 0 1 4 8 1 2 4 2 4 6 0 0 0 0 35:45
2 赤木 里帆 0 0 1 0 2 0 0 2 1 0 1 0 1 0 1 20:53
5 パレイ ノリコ 15 0 0 6 9 3 6 0 6 6 12 1 2 0 0 28:37
7 安藤 舞香 2 0 3 1 2 0 0 0 0 2 2 1 0 0 2 12:59
8 今村 ひかり DNP
12 木村 亜美 13 3 9 2 4 0 0 0 0 1 1 4 0 0 1 28:33
13 平末 明日香 24 3 11 6 14 3 7 4 0 5 5 1 1 0 3 36:11
14 岡田 英里 DNP
15 篠原 彩音 DNP
16 髙野 柚希 DNP
20 平 典紗 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3:33
32 永田 萌絵 12 0 3 6 11 0 0 5 3 4 7 6 2 0 3 30:40
34 阿部 泉美 DNP
41 芦刈 多恵子 0 0 0 0 1 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0 2:48
51 田川 玲 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 00:00
合計 75 6 28 25 51 7 15 15 15 22 37 13 7 0 10 200:00

GAME REPORT

連敗を避けたい拓殖大学と現在3連勝中の東京医療保健大学との一戦。序盤、医療保健大は#1若原の連続得点で好スタートを切ると、#12木村や#13平末を中心にその後も得点を重ね、リードを得る。しかし第2ピリオド序盤、拓殖大は#57加藤の連続得点で逆転に成功し勢いづくと、その後もリードを伸ばし、49-41と拓殖大リードで前半を終える。後半、医療保健大は#32永田を中心に得点を決めると一時ビハインドを5点まで縮めるも、拓殖大は#14吉田の3Pシュートや#57加藤のシュートを中心に得点を重ね、医療保健大の追撃を許さず。87-75で拓殖大が勝利し、3つ目の白星を手にした。


 第1ピリオド、医療保健大は#1若原の連続得点を挙げ先制する。序盤、医療保健大は#13平末、#12木村が3Pシュートを決め得点を量産すると、医療保健大がリードする展開となる。中盤、拓殖大#14吉田が3Pシュートを決め、#77中村も後に続くが、医療保健大#13平末も得点し点差は10点となる。終盤、拓殖大は#57加藤のジャンパーや#77中村の3Pシュートが決まり追い上げを見せるも、23-27で医療保健大がリードし第1ピリオドを終える。


 第2ピリオド、序盤、取っては取られての展開が続くなか、拓殖大は#57加藤が連続で得点しすると、開始4分、逆転に成功する。医療保健大はすかさず#32永田がジャンパーを沈め、取り返し、均衡を保つ。中盤、大きく点差は開かないままシーソーゲームが続くが、終盤、フリースローを確実に決める拓殖大に対し、医療保健大は点を決め切ることができず失速。一方の拓殖大は#35水野が3Pシュートも決まり、49-41と拓殖大がリードを奪い試合を折り返す。


 第3ピリオド、序盤、医療保健大は#32永田のシュートを皮切りに連続得点を挙げ、一時ビハインドを2点差まで縮めるも、拓殖大は#35水野の得点に加え、#77中村が3Pシュート沈め、リードは譲らない。その後、ミスが目立ち始める医療保健大に対し、拓殖大は#36小笠原や#35水野らが着実に得点し、じわじわと点差を広げていく。終盤、医療保健大は#5パレイが得点を挙げるも、拓殖大は#77中村のレイアップシュートや#14吉田の3Pシュートで得点を挙げ、リードを伸ばしていく。71-60と拓殖大の二桁リードで最終ピリオドへ。


 第4ピリオド、序盤、拓殖大は開始から#57加藤が得点を重ね、リードを伸ばしていく。一方の医療保健大は#12木村が3Pシュートを決め対抗するも、拓殖大は#14吉田、#57加藤が連続得点し、点差は15点まで広がる。中盤、医療保健大はタイムアウトを要求すると、医療保健大#7安藤が得点を決めるも、拓殖大#14吉田が3Pシュートで返し医療保健大を寄せ付けない。終盤、医療保健大は#5パレイのインサイドやアウトサイド陣のドライブで10点差まで追い上げるも、最後は拓殖大#35水野がリバウンドシュートを決め、87-75。拓殖大が逃げ切り、貴重な白星を手にした。


北原 明日香