試合区分:No.1275
開催期日:2018年10月14日
開始時間:14:20:00
開催場所: 拓殖大学八王子国際校舎
主審:渡邊 諭
副審:村上 恵美

白鴎大学 72 17 -1P- 17
17 -2P- 24
23 -3P- 21
15 -4P- 12
-OT-
-OT-
74 早稲田大学

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 三木 里紗 0 0 5 0 2 0 0 4 1 0 1 2 0 0 0 19:43
5 神﨑 璃生 3 1 3 0 1 0 0 1 0 2 2 1 0 0 0 11:21
6 春日 イザベル瑠璃 DNP
8 佐藤 京香 19 2 5 5 8 3 3 0 7 5 12 0 3 0 2 35:05
9 上田 祐季 14 2 9 4 9 0 0 1 1 1 2 2 0 0 5 37:19
10 山下 詩織 DNP
11 小鷹 実春 DNP
12 小林 沙織 3 1 2 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4:55
13 小笠原 彩香 DNP
14 佐坂 樹 8 0 0 4 8 0 0 1 3 1 4 0 0 0 1 15:40
15 天坂 伶香 DNP
16 菊地 恵里奈 0 0 0 0 2 0 0 1 0 2 2 0 0 0 1 20:17
18 軸丸 ひかる 15 1 5 4 10 4 7 1 1 1 2 1 0 0 0 31:20
19 今村 優花 DNP
20 シラソハナ ファトージャ 10 0 0 5 12 0 0 1 6 9 15 0 1 2 2 24:20
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 6 4 10 0 0 0 2 00:00
合計 72 7 29 22 53 7 10 11 25 25 50 6 4 2 13 200:00

早稲田大学

HC:倉石 平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 安藤 友里恵 DNP
3 長谷川 玲子 DNP
5 細貝 野乃花 3 1 2 0 1 0 0 2 0 2 2 0 0 0 1 22:16
11 神山 夢来 DNP
12 石井 香帆 DNP
14 田中 真美子 17 0 1 7 11 3 3 1 5 3 8 0 0 2 4 27:28
17 河村 くるみ DNP
20 岩田 千夏子 DNP
21 高田 静 13 0 1 5 13 3 4 2 2 6 8 3 2 0 3 40:00
23 澁谷 咲月 9 0 3 3 5 3 4 2 1 1 2 1 2 0 2 40:00
25 中村 美羽 8 0 0 4 5 0 0 0 1 0 1 0 1 0 1 16:49
26 船生 晴香 DNP
28 大西 胡桃 DNP
33 中田 珠未 20 2 2 7 18 0 0 2 0 0 0 0 2 0 2 30:59
37 内山 未悠 4 0 0 2 6 0 0 2 3 5 8 0 0 1 0 22:28
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 10 11 0 0 0 0 00:00
合計 74 3 9 28 59 9 11 11 13 27 40 4 7 3 13 200:00

GAME REPORT

現在、共に8勝1敗で首位に立つ白鷗大と早稲田大の一戦。互いに譲らぬ一進一退の展開が続き、17-17の同点で第1ピリオドを終える。しかし第2ピリオド中盤から着実に得点を重ねた早稲田大がじわじわと点差を広げ34-41と一歩リードし後半へ。後半に入っても変わらず一進一退の展開が続くが、第4ピリオド、開始から白鷗大が#20ソハナがインサイドで体を張り追い上げると、残り5分で1点差に。その後、最後まで勝敗の分からない緊迫した展開が続くも、要所で確実に得点を挙げた早稲田大が72-74で勝利し、9勝1敗と単独首位に躍り出た。


 第1ピリオド、前半、早稲田大#37内山、白鷗大#8佐藤がそれぞれシュートを沈め順調なスタートを切る。早稲田大は#33中田のファウルトラブルに苦しむも、#25中村がジャンパーを決めるなどの活躍を見せ、その後も拮抗した状態が続く。後半に入っても、白鷗大は#20ソハナがゴール下でコンスタントに加点するのに対し早稲田大は#21高田、#23渋谷、#5細貝らが得点を重ね、均衡したゲームが続く。残り1分、3点差の場面で白鷗大#8佐藤がバスケットカウントを沈めると、17-17。同点で第2ピリオドへ。


 第2ピリオド、序盤、白鷗大は#5神﨑、#8佐藤を、早稲田大は#23渋谷、#33中田を中心に、取られては取り返す一進一退の攻防が続く。中盤、早稲田大が#14田中、#23渋谷らの猛攻で一時リードするも、白鷗大は#18軸丸、#9上田が追い上げを見せる。しかし終盤、早稲田大は#21高田の冷静なゲームメイクにより#33中田、#25中村が着実にシュートを決め少しずつリードを広げていく。白鷗大は#12小林の3Pシュートや#5神﨑の激しいディフェンスで対抗するも、34-41、早稲田大がリードを奪い試合を折り返す。


 第3ピリオド、前半、早稲田大は#14田中らが得点していくのに対し、白鷗大は#8佐藤、#9上田の3Pシュートで追い上げを図る。しかし早稲田大も#33中田が3Pシュートを沈めるなどし、逆転許さない。後半、早稲田大は#21高田のパスワークから#33中田、#14田中が得点を重ね再び差を広げていくも、白鷗大は#18軸丸、#9上田を中心得点し、簡単には譲らない。しかし残り1分早稲田大#33中田が3Pシュートを沈め、57-62、早稲田大リードのまま最終ピリオドへ。


 第4ピリオド、白鷗大は#8佐藤、#20ソハナが中心となり少しずつ点差を詰めていく。一方の早稲田大は思うように得点が伸びず、残り5分、点差は1点に。その後、早稲田大は#21高田、#33中田が得点するも白鷗大#18軸丸が3Pシュートを決め喰らいつく。残り1分早稲田大は#14田中が連続得点により6点差まで広げるも、白鷗大は粘り強いディフェンスから#18軸丸がレイアップを沈め、ワンゴール差に。緊迫した展開の中、#20ソハナのスティールによりチャンスを得た白鷗大は残り9秒、#18軸丸が果敢にゴールに攻め込むも、無念のタイムアップ。前半にリードを奪い、要所でシュートを決めきる強さを見せた早稲田大が72-74で勝利し、前日の試合の雪辱を晴らした。

日高 遼子