試合区分:No.1583
開催期日:2019年5月9日
開始時間:12:00:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館
主審:和嶋 陽一
副審:山岡 忠,一杉 あきの

東京医療保健大学 89 25 -1P- 15
26 -2P- 16
17 -3P- 12
21 -4P- 15
-OT-
-OT-
58 山梨学院大学

東京医療保健大学

HC:玉城 耕二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 赤木 里帆 3 0 0 1 4 1 2 1 2 0 2 0 0 0 0 9:30
3 崎原 成美 6 0 0 3 7 0 0 0 2 4 6 1 0 0 1 12:18
5 パレイ ノリコ 1 0 0 0 1 1 2 5 0 2 2 0 0 0 1 11:16
7 安藤 舞香 2 0 5 1 2 0 0 0 2 0 2 1 3 0 2 19:28
8 ジョシュア ンフォノボテミトペ 14 0 0 6 8 2 4 1 6 3 9 1 0 0 1 14:41
11 三好 青花 6 0 1 3 4 0 0 2 1 4 5 1 2 0 1 19:50
12 木村 亜美 5 0 1 2 2 1 2 0 0 0 0 3 0 0 2 12:09
13 平末 明日香 12 2 6 3 5 0 0 0 2 3 5 3 1 0 0 22:45
14 岡田 英里 14 0 5 7 9 0 0 1 0 3 3 4 1 0 0 23:48
15 篠原 彩音 DNP
16 髙野 柚希 3 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:37
18 藤本 愛妃 8 0 0 3 12 2 5 2 5 3 8 1 1 0 1 24:24
25 伊森 可琳 2 0 1 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 3:24
32 永田 萌絵 13 0 1 6 10 1 1 2 3 6 9 1 2 0 4 20:39
34 阿部 泉美 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4:12
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 00:00
合計 89 3 24 36 65 8 16 14 25 29 54 16 10 0 13 200:00

山梨学院大学

HC:林 五十美
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 山本 由真 8 1 6 2 5 1 2 2 1 5 6 3 0 0 5 33:04
5 山本 千加 0 0 0 0 2 0 0 2 0 1 1 1 0 0 1 9:59
6 阿部 桃夏 2 0 0 1 1 0 0 1 2 0 2 0 0 0 0 3:09
7 黒山 佳奈 6 2 2 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 6:56
8 丸 由梨乃 4 0 0 2 2 0 0 0 0 1 1 0 1 0 2 5:42
9 河野 真奈 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 3 4:18
10 谷口 ひかる 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:37
11 上原 ひかり 2 0 1 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5:49
12 髙木 志歩 0 0 1 0 1 0 0 1 0 3 3 0 0 0 4 10:46
13 北越 春香 3 1 3 0 0 0 0 1 0 3 3 0 0 0 1 13:27
14 山本 美空 0 0 2 0 0 0 0 2 0 1 1 1 2 0 1 15:17
15 石川 明日香 5 1 2 1 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 21:29
16 橋口 樹 17 0 0 6 10 5 5 2 0 2 2 0 1 0 3 26:52
17 大澤 来彩 3 0 0 1 6 1 4 0 2 3 5 1 1 0 2 28:45
18 浅野 瑛菜 8 0 0 3 6 2 4 2 0 2 2 0 0 0 1 18:56
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 5 0 0 0 2 00:00
合計 58 5 19 17 38 9 15 17 9 23 32 6 5 0 28 200:00

GAME REPORT

第5シードの東京医療保健大学と、第4シードの山梨学院大学とのBブロック決勝戦。第1クォーター、着実にシュートを決め少しずつ点差を広げた医療保健大は、山梨学院大がゾーンディフェンスで食らいつくも振り切り、25-15とリードを奪う。第2クォーター、山梨学院大は果敢にゴールに攻め得点を重ねるが、医療保健大はすぐに決め返し、リードをさらに広げ、51-31で試合を折り返す。第3クォーター、山梨学院大はポストプレイから得点を重ね、点差を縮めようとするが医療保健大の勢いは止まらず、速い展開でさらにリードを広げ、68-43で最終クォーターを迎える。第4クォーター、山梨学院大は最後まで果敢に攻めるが、医療保健大は着実にシュートを決め、追撃を許さず、89-58。序盤から確実に点を決め、終始リードを保ち続けた医療保健大が勝利し、ベスト4進出を決めた。


 第1クォーター、医療保健大ボールで試合が始まると、すぐさま#13平末のドライブで先制するも、山梨学院大は#18浅野が決め返し、その後一進一退の攻防になる。中盤、医療保健大は#32永田、#13平末、#12木村が着実に得点を重ね、リードを得る。山梨学院大はタイムアウトを請求するも流れは変わらず、医療保健大は激しいディフェンスで相手のターンオーバーをさそい、速い攻撃から畳み掛け、リードを広げる。山梨学院大はピックプレイから果敢にゴールにアタックするが決めきれず、25-15と医療保健大が10点のリードで第1クォーターを終える。


 第2クォーター、流れは変わらず医療保健大は、#8テミトペのポストプレイ、#32永田のバスケットカウント、#13平末の3Pシュートなどでさらに点差を広げる。対する山梨学院大は、#4山本(由)のドライブで着実に得点を重ねるが、医療保健大もすぐさま取り返し、リードを保つ。残り4分で山梨学院大がタイムアウトを取ると、一気に山梨学院大ペースになり、山梨学院大#18浅野、#16橋口、#4山本(由)が得点を重ねるも、医療保健大はすぐさま立て直し、速い展開から得点を奪い、51-31と医療保健大がリードを広げ、試合を折り返す。


 第3クォーター、序盤、お互いシュートが決まらない時間が続く。しかし、医療保健大#11三好のシュートが決まると一気に医療保健大ペースに。医療保健大はリバウンドから速い展開で#11三好、#3崎原が得点を重ね、山梨学院大を引き離しにかかる。後半、山梨学院大#16橋口がゴール下で体を張り、連取に成功。一時、山梨学院大に流れが傾きかけるも、医療保健大は#14岡田が鋭いドライブで連続得点し、さらに激しいディフェンスで流れを引き戻し、68-43。医療保健大がリードをさらに広げ、最終クォーターを迎える。


 第4クォーター、序盤、医療保健大はリバウンドから速い展開で攻め、リードを広げる。その後、山梨学院大はプレスディフェンスから速攻を仕掛け、#8丸が得点すると、#7黒山が3Pシュートで続く。たまらず医療保健大はタイムアウト請求するが、その後も山梨学院大#11上原のシュートや#7黒山の3Pシュートが決まり、点差を縮める。山梨学院大は最後まで果敢にゴールに攻め、医療保健大学を追いかけたが、序盤から確実に得点を重ね、リードを保った医療保健大が89-58で勝利し、決勝リーグへと駒を進めた。

Powered by Froala Editor

Powered by Froala Editor

Powered by Froala Editor

髙橋 七萌