試合区分:No.1590
開催期日:2019年5月10日
開始時間:14:20:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館
主審:吉宇田 太一
副審:三好 英美,一杉 あきの

白鴎大学 74 15 -1P- 18
19 -2P- 15
17 -3P- 12
23 -4P- 20
-OT-
-OT-
65 早稲田大学

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 軸丸 ひかる 37 3 7 11 18 5 5 2 1 2 3 1 2 0 1 36:40
5 神﨑 璃生 3 1 3 0 3 0 2 3 0 1 1 1 0 0 0 10:28
6 山崎 澪菜 2 0 1 0 2 2 2 4 1 1 2 1 0 0 1 20:55
7 今村 優花 DNP
8 佐藤 京香 9 1 5 3 6 0 0 1 4 1 5 1 1 0 0 24:00
9 大竹 優香子 DNP
11 小鷹 実春 DNP
12 松永 夏海 DNP
13 小笠原 彩香 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 1:35
14 佐坂 樹 5 1 4 1 3 0 0 4 1 1 2 0 0 0 0 12:39
15 天坂 伶香 9 1 4 3 8 0 0 1 1 1 2 1 1 0 0 20:08
16 菊地 恵里奈 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 2 0 0 1 1 11:13
17 大村 早和 DNP
18 鈴置 彩夏 DNP
20 シラソハナ ファトージャ 9 0 3 3 13 3 3 1 8 14 22 0 1 4 1 36:00
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3 0 0 0 0 00:00
合計 74 7 27 21 54 10 12 19 17 25 42 5 5 5 5 200:00

早稲田大学

HC:大西 真由
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 安藤 友里恵 DNP
5 細貝 野乃花 11 3 9 0 3 2 2 2 0 7 7 0 0 0 2 40:00
6 栗田 有子 DNP
7 大原 咲織 8 0 1 3 10 2 4 4 1 8 9 0 0 1 2 33:14
11 神山 夢来 DNP
12 石井 香帆 DNP
17 河村 くるみ DNP
18 桂 蘭 0 0 1 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 1 9:07
20 岩田 千夏子 DNP
23 澁谷 咲月 16 2 6 3 6 4 6 3 1 4 5 2 2 0 3 37:34
25 中村 美羽 DNP
26 船生 晴香 1 0 0 0 1 1 2 1 0 0 0 0 0 0 0 2:26
33 中田 珠未 18 0 0 6 14 6 7 4 2 7 9 2 3 1 2 40:00
34 今井 美沙樹 DNP
37 内山 未悠 11 0 0 2 8 7 12 1 3 5 8 1 1 0 2 37:39
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0 0 0 1 00:00
合計 65 5 17 14 43 22 33 16 9 34 43 5 6 2 13 200:00

GAME REPORT

Cブロック勝者の白鷗大学と、Dブロック勝者の早稲田大学との決勝リーグ第1戦。第1クォーター、お互い一歩も譲らず一進一退の攻防が続き、15-18と早稲田大のリードで終える。第2クォーター、お互いディフェンスで相手のミスを誘い、速い展開でのバスケットを繰り広げるが、着実にフリースローを決めきった白鷗大が、34-33と1点のリードで試合を折り返す。第3クォーター、早稲田大優勢でスタートしたと思われたが、白鷗大が激しいディフェンスで相手のミスを誘い得点につなげ、一気に流れを掴む。51-45と白鷗大リードで最終クォーターを迎える。第4クォータ-、白鷗の大量得点で始まる。早稲田大も猛攻を見せるが、流れは変わらず、74-65で白鷗大が白星を獲得した。


 第1クォーター、序盤、早稲田大#23澁谷が先制点を決めるも、互いに得点が決まらず重い立ちあがりとなり、硬直状態が続く。その流れを破ったのは白鷗大#8佐藤のドライブでの得点。しかし、すぐさま早稲田大#23澁谷がドライブから得点を奪い返しスコアが動き出す。終盤、お互いシュートを決めきれない状態が続き、15-18と早稲田大3点のリードで第1クォーターを終える。


 第2クォーター、序盤、早稲田大は#5細貝や#33中田が積極的にシュートを狙い、オフェンスリバウンドから白鷗大のファールを誘い、流れは早稲田大に。早稲田大は激しいディフェンスから相手のミスを誘い、#33中田が速攻からシュートを決めたところで、白鷗大はたまらずタイムアウト。その後は、お互いディフェンスでの攻防が続く。終盤、白鷗大#4軸丸がエンドスローインから巧みにシュートを決め、30-29で逆転。しかし、早稲田大#7大原、#23澁谷がすぐさま決め返し、白鷗大にリードを許さない。終了間際、白鷗大#6山崎がフリースローを獲得し逆転。34-33と、白鷗大が1点のリードで試合を折り返す。


 第3クォーター、開始早々、早稲田大は#33中田のシュートで逆転すると、#37内山のドライブで点差を広げる。その後は一進一退の攻防が続く。流れが動いたのは残り4分。白鷗大#4軸丸のアシストから#15天坂の得点、#4軸丸のナイスディフェンスによって完全に白鷗大に流れが訪れる。その後も、ファールが嵩む早稲田大を尻目に、白鷗大#4軸丸の3Pシュートが決まり、早稲田大はたまらずタイムアウト。タイムアウト後も流れは変わらず、白鷗大#20ソハナのゴール下シュート、#4軸丸のジャンプシュートでさらに点差を広げる。51-45と白鷗大リードで最終クォーターを迎える。


 第4クォーター、序盤、果敢に3Pシュートを放つも決められずスコアの止まる早稲田大に対し、白鷗大は#4軸丸のドライブ、#5神﨑の3Pシュートでさらに点差を広げる。さらに追い打ちをかけるように白鷗大#4軸丸のスティールから速攻で58-45とする。しかし、早稲田大もここで引き下がりはしない。早稲田大#23澁谷、#33中田が積極的にゴールにアタックし確実に点を縮める。しかし、白鷗大#4軸丸が要所で得点を重ね、主導権を渡さず、74-65と勝利し、白星を勝ち取った。


Powered by Froala Editor

Powered by Froala Editor

髙橋 七萌