試合区分:No.1868
開催期日:2019年9月8日
開始時間:14:20:00
開催場所: 専修大学生田キャンパス
主審:竹澤 友美
副審:前田 菜津子

白鴎大学 93 21 -1P- 21
26 -2P- 11
25 -3P- 13
21 -4P- 20
-OT-
-OT-
65 桐蔭横浜大学

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 軸丸 ひかる 3 1 3 0 1 0 2 2 0 1 1 4 2 0 1 17:39
5 神﨑 璃生 11 1 2 3 6 2 2 3 0 1 1 2 0 0 2 22:00
6 山崎 澪菜 2 0 2 1 1 0 0 3 1 0 1 0 0 0 2 14:26
7 今村 優花 14 3 7 2 2 1 1 2 1 1 2 4 3 0 2 16:51
8 佐藤 京香 4 0 1 2 2 0 0 0 1 3 4 2 0 0 2 8:08
9 大竹 優香子 6 2 2 0 1 0 0 3 0 1 1 0 0 0 2 11:46
10 山下 詩織 DNP
11 小鷹 実春 3 1 3 0 1 0 0 1 0 2 2 0 0 0 0 12:21
12 松永 夏海 2 0 2 0 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 6:57
14 佐坂 樹 16 2 3 4 8 2 4 1 2 5 7 1 0 0 0 24:56
15 天坂 伶香 3 0 3 1 1 1 2 0 0 1 1 0 1 0 1 17:33
16 菊地 恵里奈 8 0 0 4 5 0 0 1 1 2 3 1 0 0 0 16:34
17 大村 早和 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 7:37
18 鈴置 彩夏 2 0 1 0 1 2 2 0 0 0 0 1 0 0 0 4:54
20 シラソハナ ファトージャ 19 0 0 6 11 7 8 2 5 8 13 1 0 0 1 18:31
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 0 0 0 1 00:00
合計 93 10 29 23 42 17 23 19 13 30 43 16 6 0 15 200:00

桐蔭横浜大学

HC:木村 和宏
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 畠山 愛花 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1:40
2 吉田 有花 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 11:31
7 久保 亜矢美 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 6:14
9 山本 優華 2 0 0 0 0 2 2 1 1 0 1 0 0 0 0 6:58
12 生田 涼 11 1 3 3 6 2 4 3 0 2 2 1 4 0 1 18:38
13 髙山 美瑠 11 0 0 3 6 5 6 0 1 7 8 0 0 0 2 21:22
22 米谷 帆芽 13 3 6 1 3 2 4 3 1 3 4 1 0 1 1 18:25
24 岡田 寿々花 2 0 4 1 1 0 0 3 0 0 0 0 1 0 1 15:40
30 富林 乃慧 9 1 4 3 3 0 2 2 0 2 2 0 2 0 3 17:45
31 窪田 真優 7 0 0 3 5 1 2 3 0 1 1 0 0 0 3 15:31
55 井上 麗 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:04
72 菅谷 夏海 1 0 0 0 3 1 2 3 1 1 2 0 0 0 1 22:50
79 藤平 夏生 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 13:26
88 大井 柚穂 7 0 0 3 6 1 1 1 0 4 4 0 1 0 1 14:18
99 伊藤 裕子 2 0 2 1 1 0 0 0 1 2 3 0 1 0 0 14:38
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 3 0 0 0 3 00:00
合計 65 5 24 18 34 14 23 22 7 23 30 2 10 1 21 200:00

GAME REPORT

 昨年2位の白鷗大学と1部昇格を果たした桐蔭横浜大学との一戦。第1クォーターは互いに外角シュートがよく決まり点を取り合う展開となり、21-21と同点で終える。第2クォーター、相手の堅守を前に攻撃のリズムがつかめずスコアの伸びない桐蔭横浜大に対し、華麗なパスワークのセットプレーやドライブからチャンスを作る多彩な攻撃で得点を重ねた白鷗大が47-32とリードを奪い後半戦へ。第3クォーター、前線からディフェンスを仕掛ける桐蔭横浜大だが、白鷗大は落ち着いてかわすと#5神﨑や#7今村を軸とした攻撃で得点を量産し、72-45のスコアで最終クォーターへ。終盤、桐蔭横浜大は粘り強くディフェンスを続けるが白鷗大の優位は変わらず、93-65。多彩な攻撃でコンスタントに得点を重ねた白鷗大が勝利し、3つ目の白星を獲得した。


 第1クォーター、序盤、桐蔭横浜大は#33富林と#22米谷の3Pシュートが決まり好スタートを切るが、白鷗大も#14佐坂の3Pシュートなどで対抗し点を取り合う展開となる。中盤、桐蔭横浜大は前線から激しいディフェンスを仕掛けスティールに成功すると、#30富林らが得点し一歩前に出るが、白鷗大は相手のディフェンスを落ち着いてかわし#5神﨑のドライブや#16菊地のジャンパーで加点していく。終盤、序盤とは打って変わり桐蔭横浜大の外角シュートが落ち始めるが、ディフェンスで粘り相手の得点を抑えると#88大井や#12生田の得点で繋ぐ。一方の白鷗大は思うように得点できずリズムに乗り切れないながらも#9大竹が3Pシュートを沈め、21-21と、同点で第1クォーターを終える。


 第2クォーター、序盤、桐蔭横浜大は#13髙山がオフェンスリバウンドから得点するがその後相手のディフェンスに対し攻めどころが掴めずスコアが止まる。一方の白鷗大は、#5神﨑のアシストから#16菊地、さらに#20ソハナの得点でリードを広げる。中盤、白鷗大はセットプレーから#14佐坂や#15天坂が得点し攻撃のリズムを作る。対する桐蔭横浜大はディフェンスから立て直し、#88大井や#12生田の3Pシュート、さらに#99伊藤の得点で食らいつき点差を一桁で保つ。しかし終盤、ゾーンディフェンスを敷く桐蔭横浜大に対し白鷗大は#4軸丸の3Pシュートや#7今村の強気なディフェンスからの得点でリードを伸ばし、47-32。白鷗大がリードを奪い試合を折り返す。


 第3クォーター、序盤、追いかける桐蔭横浜大は#22米谷の3Pシュートが決まるもあとが続かず流れを呼び込むことができない。一方の白鷗大は#20ソハナのオフェンスリバウンドに加え、中盤に#5神﨑の3Pシュートやドライブでの活躍が光り、リードを20点台に乗せる。終盤、前線から仕掛けるディフェンスでチャンスを狙う桐蔭横浜大はスティールから#31窪田が得点するも、白鷗大は#7今村が連続で3Pシュートを決めるなど攻撃の手を緩めず、72-45。白鷗大がリードを広げ第3クォーターを終える。


 第4クォーター、序盤、後がない桐蔭横浜大は#13髙山が積極的なアタックから得点に繋げると、#24岡田が続き勢いを取り戻すが、白鷗大も#5神﨑や#20ソハナ、#9大竹らがコンスタントに加点し流れは譲らない。中盤、桐蔭横浜大は#22米谷の3Pシュートやオフェンスリバウンドからの得点でスコアを重ねるが、依然白鷗大が大きくリードしたまま時間が進む。終盤、桐蔭横浜大は#24岡田の得点などで粘るも試合終了。93-65で白鷗大が快勝した。

松本 さくら