試合区分:No.1877
開催期日:2019年9月14日
開始時間:16:00:00
開催場所: 筑波大学筑波キャンパス
主審:若林 謙作
副審:穂川 苑子

早稲田大学 73 21 -1P- 24
12 -2P- 16
21 -3P- 16
17 -4P- 15
02 -OT- 15
-OT-
86 筑波大学

早稲田大学

HC:大西 真由
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 安藤 友里恵 DNP
5 細貝 野乃花 18 4 11 3 9 0 0 3 0 3 3 0 1 0 1 38:50
6 栗田 有子 DNP
7 大原 咲織 2 0 1 1 2 0 0 2 2 3 5 0 0 0 1 9:35
11 神山 夢来 4 0 1 2 4 0 0 2 0 1 1 0 1 0 1 20:21
12 石井 香帆 DNP
17 河村 くるみ DNP
18 桂 蘭 DNP
20 岩田 千夏子 DNP
23 澁谷 咲月 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 1 1 13:14
25 中村 美羽 10 0 0 5 13 0 1 1 2 6 8 2 1 0 1 32:28
26 船生 晴香 4 0 2 2 9 0 0 5 0 5 5 3 1 0 1 39:44
33 中田 珠未 17 0 2 8 14 1 2 1 4 7 11 0 0 1 3 31:49
34 今井 美沙樹 DNP
37 内山 未悠 18 0 2 7 17 4 6 3 9 6 15 0 1 0 5 38:59
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 6 0 0 0 2 00:00
合計 73 4 20 28 68 5 9 18 21 34 55 5 5 2 16 225:00

筑波大学

HC:柏倉 秀徳
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 松居 祐花 6 0 1 2 4 2 2 2 0 0 0 2 0 1 0 13:59
2 池田 沙紀 23 4 4 4 11 3 4 0 1 6 7 3 3 0 2 36:58
5 嘉数 唯 7 0 2 3 7 1 2 3 3 3 6 1 0 0 0 31:57
8 中村 まこ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:07
10 林 未紗 DNP
19 鈴木 侑 8 0 2 3 11 2 7 1 2 3 5 0 0 0 2 35:34
20 矢田 真悠 DNP
23 渡邊 悠 DNP
24 佐々木 芽衣 2 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2:14
31 夏井 麻朱 5 1 3 1 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 14:44
32 佐藤 由佳 13 1 3 4 8 2 2 3 2 1 3 2 0 0 1 33:32
43 澤田 佳奈 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:13
45 佐藤 由璃果 17 0 1 6 13 5 5 4 2 16 18 2 2 4 3 36:13
72 出原 菜月 5 1 1 1 3 0 0 1 2 3 5 0 0 1 1 19:29
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 00:00
合計 86 7 17 24 59 17 24 14 12 34 46 10 7 6 9 225:00

GAME REPORT

ここまで負けなしの早稲田大学と、ホームを守るために負けるわけにはいかない筑波大学との第1戦。第1クォーター、お互いディフェンスでもオフェンスでも一歩も譲らない展開となる。終盤、得た得点チャンスを確実にものにした筑波大が21-24とリードして第1クォーターを終える。第2クォーター、筑波大優勢の展開で試合が進む。対する早稲田大も応戦するが、要所々々できっちりと決めた筑波大がリードを広げ、33-40で前半を折り返す。第3クォーター、早稲田大の流れで始まるが、筑波大も負けじと応戦し、リードを保つ。一進一退の攻防が続くが、筑波大#2池田が終了間際にシュートを沈め、54-56と筑波大リードで最終クォーターを迎える。第4クォーター、序盤、拮抗した展開となるが、筑波大がセカンドシュートをきっちり決め続け、わずかにリードを保つ。その後も緊迫した試合となり、早稲田大#33中田が同点とし、延長戦に突入する。オーバータイム、早稲田大に先に得点を許すも、#45佐藤(由璃)を中心にシュートをきっちり決めきった筑波大が73-86で接戦を制した。

第1クォーター、序盤、早稲田大が#33中田のリバウンドシュートで先制するが、その後お互い厳しいディフェンスで点が止まる。中盤、筑波大#5嘉数がジャンプシュートを沈めると、早稲田大#37内山がドライブで決め返し、筑波大#32佐藤(由佳)がドライブでねじ込むと、早稲田大#37内山がジャンプシュートで決め返すという一進一退の攻防となる。終盤、勝負どころできっちり3Pシュートを沈めた筑波大が21-24と3点リードで第1クォーターを終える。

第2クォーター、序盤、筑波大は#45佐藤(由璃)のレイアップシュート、#19鈴木のドライブで点差を広げる。さらに、オフェンスだけでなく、ディフェンスでも早稲田大に思うように攻撃をさせず、筑波大の流れで試合が進む。後半、前回王者の早稲田大も黙ってはおらず、#5細貝の3Pシュート、#33中田のジャンプシュートで応戦する。終盤、勝負どころで筑波大の#1松居がブロックショット、ブレイクから#31夏井がきっちりシュートを決めると一気に筑波大の流れになり、33-40と筑波大がわずかにリードを広げ、第2クォーターを終える。

第3クォーター、序盤、早稲田大#5細貝がタフショットを沈めると早稲田大の反撃が始まる。#37内山がポストプレー、#25中村がレイアップシュートで続く。対する筑波大も#45佐藤(由璃)のジャンプシュート、#2池田の3Pシュートで決め返し、主導権を握らせない。終盤、一進一退の攻防が続くが、筑波大#2池田のブザービートで、54-56と筑波大リードで第3クォーターを終える。

第4クォーター、お互い主導権を譲らない拮抗した入りとなるなか、筑波大が全員でリバウンドに飛び込み、セカンドシュートをきっちり決め、わずかにリードを広げる。たまらず早稲田大はタイムアウトをとって立て直そうとするが、筑波大#45佐藤(由璃)の激しいディフェンス、#1松居のドライブで筑波大が完全に流れを掴む。その後も拮抗した試合展開となり、早稲田#33中田がゴール下のシュートをきっちり沈めると、71-71。同点となり、勝負の行方は延長戦へ。

オーバータイム、先に得点を得たのは早稲田大。#37内山がジャンプシュートを沈める。対する筑波大も#45佐藤(由璃)がフリースローを4本すべて決め、すぐに逆転する。さらに#72出原がドライブで得点、#2池田が3Pシュートを決めリードを7点に広げる。早稲田大も必死で追いかけるが、73-86で筑波大が逃げ切りホームで初の白星を挙げた。

髙橋 七萌