試合区分:No.1897
開催期日:2019年10月22日
開始時間:16:00:00
開催場所: 拓殖大学八王子国際校舎
主審:嶋崎 貴
副審:村上 恵美

拓殖大学 92 16 -1P- 15
23 -2P- 19
27 -3P- 22
26 -4P- 14
-OT-
-OT-
70 早稲田大学

拓殖大学

HC:佐藤 森王
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 別所 優香 2 0 2 1 6 0 0 0 0 0 0 1 2 0 2 17:09
5 生田目 汐織 2 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 9:40
12 浜井 彩 8 0 1 4 4 0 0 1 2 0 2 3 2 1 1 24:13
14 吉田 舞衣 15 3 6 3 9 0 0 2 1 7 8 0 4 2 2 30:18
15 佐古 愛 0 0 1 0 1 0 2 1 1 2 3 0 0 0 1 8:34
18 小関 梨帆 0 0 1 0 3 0 0 1 0 1 1 3 2 0 1 21:46
23 バイ クンバディヤサン 37 0 0 18 27 1 2 3 10 4 14 1 0 0 2 33:24
29 長岡 侑里 4 0 0 1 2 2 2 1 1 3 4 1 0 0 0 8:48
32 高橋 美玖 DNP
33 古野 実希 2 0 1 1 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 1 4:25
35 ディクソン モニカ DNP
36 小笠原 美奈 20 2 3 4 11 6 6 1 0 7 7 3 1 1 2 35:16
53 藤原 遥香 DNP
58 篠原 愛佳 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1:43
88 游 乙文 2 0 0 0 0 2 2 1 0 1 1 0 0 0 3 4:44
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 6 10 0 0 0 0 00:00
合計 92 5 15 33 67 11 14 13 19 32 51 13 11 4 16 200:00

早稲田大学

HC:大西 真由
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 安藤 友里恵 DNP
5 細貝 野乃花 11 3 10 0 4 2 3 1 2 4 6 1 0 0 3 35:43
6 栗田 有子 DNP
11 神山 夢来 2 0 1 1 1 0 0 1 1 0 1 0 1 1 1 16:46
12 石井 香帆 DNP
17 河村 くるみ DNP
18 桂 蘭 DNP
20 岩田 千夏子 DNP
23 澁谷 咲月 4 0 3 2 5 0 0 1 2 2 4 3 0 0 1 20:21
25 中村 美羽 12 1 1 3 11 3 4 4 4 5 9 0 1 0 1 35:31
26 船生 晴香 7 1 3 2 4 0 0 4 1 3 4 1 3 1 4 29:35
33 中田 珠未 14 0 1 7 13 0 0 3 2 2 4 2 1 0 4 28:22
34 今井 美沙樹 DNP
35 境 美潮 DNP
37 内山 未悠 20 0 2 8 20 4 6 1 4 4 8 1 3 0 4 33:42
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 5 0 0 0 0 00:00
合計 70 5 21 23 58 9 13 15 19 22 41 8 9 2 18 200:00

GAME REPORT

拓殖大学と早稲田大学の第2戦。序盤から拮抗した展開が続くも、#23クンバや#36小笠原らインサイド陣の活躍に加え、#14吉田の3Pシュートが決まった拓殖大が39-34とわずかにリードし前半を終える。後半、早稲田大は全員がゴールに向かう姿勢を見せ得点を重ねるも、相手の#23クンバを中心とした得点を抑えることができず、66-56と拓殖大が10点のリードを得て最終クォーターを迎える。第4クォーターに入ると、拓殖大は#23クンバの得点により勢いを増すとリードを伸ばし、90-72。終盤に拓殖大が大量にリードを得て白星を勝ち取った。


 第1クォーター、序盤、拓殖大は#12浜井のドライブや#23クンバのゴール下で得点する一方、早稲田大は#5細貝の3Pシュートなどで応戦。その後、早稲田大はファウルがかさみリズムを崩すとやや拓殖大ペースで試合が進む。#23クンバのオフェンスリバウンドや#36小笠原の得点により拓殖大が一歩リードする。終盤、早稲田大は#23澁谷のシュートで反撃を試みると、#5細貝、#33中田が続き点差を詰め、16-15。拓殖大がわずかにリードし第1クォーターを終える。


 第2クォーター、序盤、早稲田大#33中田がドライブで得点すると、拓殖大#14吉田がすぐさま3Pシュートで返し、その後点を取り合う展開となる。拓殖大は#23クンバのインサイドや#36小笠原が加点し、早稲田大は#26船生の3Pシュートや#37内山が加点するもセカンドチャンスを確実にものにした拓殖大が、39-34とわずかにリードを広げ試合を折り返す。


 第3クォーター、拓殖大は#14吉田の3Pシュートに加え#23クンバのオフェンスリバウンドや#5生田目のドライブなどで着実に加点する。対する早稲田大は、セカンドチャンスを活かし#33中田や#37内山、#26船生のドライブなどで得点し譲らず一進一退の攻防が続く。中盤以降も点差は動かず、拓殖大は#36小笠原や#23クンバが勝負強さを見せる一方、早稲田大は#25中村や#37内山、#26船生の得点で食らいつき、66-56。拓殖大リードのまま最終クォーターへ。


第4クォーター、序盤、拓殖大は#23クンバの活躍によりじわじわと点差を広げていく。早稲田大はゴールにアタックするもミスが目立ち流れを掴むことができない。中盤、早稲田大は#37内山や#23澁谷がオフェンスリバウンドで粘りを見せ得点につなげるも、拓殖大は#23クンバや#36小笠原らの攻撃によりさらに勢いを増し、リードを20点台に乗せる。終盤、拓殖大はリザーブメンバーが試合をつなぎ、90-72。拓殖大が勝利し早稲田大から2つの白星を得た。

松本 さくら