試合区分:No.1900
開催期日:2019年10月19日
開始時間:14:20:00
開催場所: 拓殖大学八王子国際校舎
主審:穂川 苑子
副審:坂 美佑紀

筑波大学 80 19 -1P- 14
22 -2P- 17
16 -3P- 13
23 -4P- 16
-OT-
-OT-
60 桐蔭横浜大学

筑波大学

HC:柏倉 秀徳
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 松居 祐花 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 02:35
2 池田 沙紀 2 0 8 1 6 0 0 0 0 2 2 3 3 0 2 32:39
5 嘉数 唯 8 0 0 2 4 4 4 0 3 1 4 1 1 0 1 25:13
8 中村 まこ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 01:31
15 加藤 あか里 3 1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 01:37
19 鈴木 侑 12 2 6 3 5 0 1 2 3 3 6 0 0 0 1 29:43
20 矢田 真悠 7 1 4 1 2 2 2 0 0 2 2 0 1 0 0 12:02
23 渡邊 悠 DNP
24 佐々木 芽衣 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 02:02
31 夏井 麻朱 8 2 5 0 0 2 2 0 1 1 2 0 0 0 1 08:18
32 佐藤 由佳 10 1 2 3 6 1 1 3 2 4 6 0 0 0 1 28:30
33 塩田 うめか 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 01:37
43 澤田 佳奈 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 02:56
45 佐藤 由璃果 26 0 0 8 16 10 11 2 6 10 16 1 1 0 2 33:04
72 出原 菜月 4 0 0 1 3 2 2 2 2 2 4 0 1 2 0 18:07
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 6 6 12 0 0 0 1 00:00
合計 80 7 31 19 42 21 23 10 23 31 54 6 7 2 10 200:00

桐蔭横浜大学

HC:木村 和宏
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 畠山 愛花 2 0 1 1 2 0 0 0 0 1 1 1 1 0 0 14:21
2 吉田 有花 4 0 1 2 8 0 0 3 0 2 2 0 0 0 1 24:01
9 山本 優華 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 02:16
10 田中 夢希乃 DNP
12 生田 涼 3 1 3 0 3 0 0 4 1 0 1 0 1 0 2 18:38
13 髙山 美瑠 2 0 3 1 1 0 0 1 1 5 6 0 0 1 2 24:01
22 米谷 帆芽 10 2 5 1 4 2 2 3 0 3 3 0 2 0 3 24:01
23 渡會 ふみ 8 0 1 3 4 2 2 2 0 0 0 0 0 1 0 13:41
24 岡田 寿々花 3 1 1 0 0 0 0 3 2 0 2 0 0 0 2 12:21
30 富林 乃慧 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 02:38
31 窪田 真優 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 04:11
55 井上 麗 5 1 2 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 03:57
72 菅谷 夏海 6 0 0 3 7 0 0 2 1 1 2 1 0 0 1 24:01
79 藤平 夏生 3 1 3 0 1 1 1 1 0 2 2 0 0 0 1 15:57
99 伊藤 裕子 14 1 5 5 6 0 0 1 1 1 2 0 0 0 1 15:57
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 8 0 0 0 2 00:00
合計 60 7 26 17 38 5 5 20 6 24 30 2 4 2 15 200:00

GAME REPORT

粘り強いディフェンスからリズムをつかみ得点につなげるという得意の展開に持ち込み、3つめの白星獲得を狙う筑波大学と、連敗を止めたい桐蔭横浜大学との第1戦。第1クォーター、試合開始からエンジン全開の筑波大は、確実に得点を重ね、リードを広げる。また、守りも固く、桐蔭横浜大は攻め切れない。しかし、後半、桐蔭横浜大#99伊藤の活躍で点差を縮め、19-14と筑波大5点のリードで第1クォーターを終える。第2クォーター、序盤、筑波大は確実に得点し、リードを戻す。対する桐蔭横浜大はハーフコートのゾーンディフェンスが効きはじめ、主導権を得られるかと思われたが、筑波大はそれを許さず、41-31とリードを広げ、前半を折り返す。第3クォーター、前半とは打って変わって、桐蔭横浜大優勢で試合が進む。後半、筑波大がディフェンスから流れを引き戻すも、その後お互い点の入らない我慢の時間が訪れる。桐蔭横浜大が連続得点で活気づくも、筑波大は落ち着いて決め返し、57-44とリードを保ったまま第3クォーターを終える。第4クォーター、前半はお互いディフェンスで守り合い、なかなか点が入らない。後半、筑波大のシュートが決まり始め、さらに点差を広げると、そのまま80-60で勝利し、3つめの白星を獲得した。

第1クォーター、序盤からエンジン全開の筑波大は#32佐藤(由佳)のジャンプシュート、#19鈴木の3Pシュート、#45佐藤(由璃)のドライブで一気に点差を広げる。対する桐蔭横浜大も#2吉田、#22米谷を中心に果敢に攻撃するが、筑波大の激しいディフェンスに苦しむ。後半も筑波大の手は緩まず、点差は広がる。しかし、桐蔭横浜大#99伊藤がコートに立つと、3Pシュート、バスケットカウントなど、連続得点でチームに活気を与える。勢いのまま点差を縮めると、14-19と筑波大5点のリードで第1クォーターを終える。

第2クォーター、第1クォーター後半に大きく追い上げられた筑波大だが、しっかり立て直し、#32佐藤(由佳)、#45佐藤(由璃)が連続で得点する。中盤、筑波大はゾーンディフェンスで苦しむも、粘り強いディフェンスで流れを渡さず、リードを守る。終盤、筑波大は体を貼ったリバウンドでセカンドシュートにつなげ、41-31と筑波大が10点にリードを広げ、第2クォーターを終える。

第3クォーター、序盤、桐蔭横浜大#2畠山が先制し、主導権を握る。筑波大もすぐさま決め返し、主導権を取り返したいが、ミスが目立つ。後半、筑波大#32佐藤(由佳)が鋭いドライブでバスケットカウントを得ると、勢いに乗る筑波大。ディフェンスももう一段階激しくなり、相手のミスを誘う。その後、お互い点の入らない苦しい時間帯となるが、桐蔭横浜大#99伊藤、#55井上がシュートをねじ込み、活気づく。対する筑波大は#31夏井、#45佐藤(由璃)がシュートを沈め、57-44と筑波大がリードを保ち、第3クォーターを終える。

第4クォーター、前半、お互い激しいディフェンスで拮抗した展開となる。その中でも果敢にリバウンドやルーズボールを追った筑波大が、獲得したフリースローを全て沈め、ジリジリと点差を広げる。後半、筑波大のシュートが入り始め、#19鈴木、#45佐藤(由璃)、#5嘉数の連続得点で勝負をつける。終盤、筑波大の攻撃の手はゆるまず、#31夏井、#15加藤が3Pシュートを沈めると、80-60。筑波大が勝利し勝ち星を3に増やした。

髙橋 七萌