試合区分:No.2330
開催期日:2020年9月26日
開始時間:16:30:00
開催場所: エスフォルタアリーナ八王子 Aコート
主審:山崎 昭一
副審:松浦 咲

白鴎大学 98 35 -1P- 13
21 -2P- 20
23 -3P- 19
19 -4P- 13
-OT-
-OT-
65 早稲田大学

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 神﨑 璃生 8 0 3 3 3 2 4 0 3 3 6 9 2 0 0 21:52
5 樋口 鈴乃 6 2 4 0 0 0 0 0 2 1 3 0 0 0 1 8:49
6 桐原 麻尋 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:12
7 今村 優花 10 3 10 0 3 1 2 1 1 4 5 1 0 0 1 19:40
8 佐藤 京香 11 1 3 4 5 0 2 1 3 0 3 0 2 0 0 18:42
9 大竹 優香子 2 0 6 1 2 0 0 0 0 2 2 0 1 0 3 10:16
10 山下 詩織 5 0 1 2 4 1 2 2 1 3 4 0 0 0 0 13:27
11 小鷹 実春 2 0 2 1 1 0 1 0 3 0 3 3 1 1 1 19:26
12 松永 夏海 4 0 4 2 2 0 0 1 0 0 0 1 2 0 1 11:35
13 鈴置 彩夏 14 2 3 4 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9:10
14 小林 美穂 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 3 0 0 1 0 3:15
15 三浦 舞華 16 4 7 1 2 2 3 2 2 2 4 2 0 0 1 16:44
16 田中 平和 4 0 0 2 2 0 1 1 2 5 7 0 0 0 0 11:06
17 大村 早和 2 0 2 1 2 0 0 1 4 2 6 0 0 1 2 17:19
20 シラソハナ ファトージャ 14 0 0 7 11 0 0 2 4 7 11 2 0 1 0 15:27
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 4 0 0 0 0 00:00
合計 98 12 45 28 46 6 15 11 27 34 61 18 8 4 10 200:00

早稲田大学

HC:大西 真由
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 フェスターガード ヤヤ 6 0 0 2 9 2 4 3 0 2 2 1 0 0 4 30:03
6 栗田 有子 4 0 0 2 8 0 0 3 2 0 2 0 0 0 0 16:29
7 大原 咲織 DNP
11 神山 夢来 7 1 6 2 3 0 0 3 1 2 3 0 0 0 3 33:42
12 石井 香帆 3 1 6 0 4 0 0 0 0 2 2 1 0 0 2 30:19
17 河村 くるみ 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4:00
18 桂 蘭 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:41
21 中山 桂 4 0 0 2 4 0 0 0 1 2 3 0 2 0 2 12:43
26 船生 晴香 21 3 4 5 9 2 4 1 1 5 6 0 0 0 2 36:19
34 今井 美沙樹 20 3 7 3 7 5 6 2 3 2 5 0 0 0 0 33:44
35 境 美潮 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 8 12 0 0 0 0 00:00
合計 65 8 24 16 44 9 14 13 12 23 35 2 2 0 13 200:00

GAME REPORT

今大会三連勝を狙う白鷗大学と初白星を望む早稲田大学によるリーグ戦第3戦。第1クォーター、開始直後から白鷗大の勢いは止まらず、35-13と大きくリードし、第1クォーター終了。第2クォーター、両者拮抗した攻防を続けるが、早稲田大は第1クォーターで大きくあいた点差を埋められずに試合を折り返す。第3クォーター、白鷗大は速い攻守展開でチャンスを生み出し、前半で作り上げたリズムを崩すことなくリードを保つ。79-52、白鷗大がリードのまま第3クォーター終了。第4クォーター、早稲田大が果敢な攻めで白鴎大から点を奪おうとするが、外角シュートを外さない白鷗大の勢いに呑まれる。その後も白鷗大がコンスタントに点を取り続け、98-65と大きく差をつけ3つ目の白星を獲得した。

第1クォーター、白鷗大が#4神﨑による先制点を皮切りに続々と点を量産し、序盤から一気にリードを広げる。対する早稲田大は3Pシュートで反撃を試みるが、なかなか得点につなげることが出来ず、流れに乗り切れない。好調なスタートを切る白鷗大は#15三浦の連続3Pシュートでさらにチームに勢いを与え、35-13と大幅にリードを奪って第1クォーター終了。

第2クォーター、序盤、第1クォーターに引き続き連続3Pシュートを沈める白鷗大に後れを取る早稲田大。早稲田大#3ヤヤが果敢なドライブでゴールを目指すが、白鷗大の強固なディフェンスに阻まれ得点に苦しむ。一方、白鷗大の勢いは衰えず、#20ソハナのリバウンドから猛攻を続ける。21-20と、第2クォーターは拮抗した得点であったが、開いた点差を十分に縮めることはできずに前半を折り返す。

第3クォーター、両チームとも得点を取り合う一進一退の流れで後半スタート。トランディションの早い白鷗大は、全員でリバウンドとルーズボールに飛びつき、確実にシュートチャンスを作ったのち、#10山下がゴール下でコンスタントに点を重ねていく。さらにチームオフェンスが効果的に機能し、早稲田大へボールを渡らせない。そんな中、早稲田大#34今井がファールを誘うドライブで必死に食らいつき、第3クォーターも23-19と両チーム引けをとらずに終える。

第4クォーター、このままでは終れない早稲田大が意地を見せる。#6栗田が連続点を決め、その後チーム全員がスティール、ルーズボールに貪欲な姿勢を見せながら白鷗大に食らいつく。しかし、白鷗大のディフェンスを打ち破ることは叶わず、なかなかシュートを決めきれない場面が続く。終盤、白鷗大#13鈴置、#16田中が連続点を挙げ、最後まで白鷗大の勢いが止まらない。早稲田大の猛撃にも動じず、リザーブメンバーもしっかり試合を運んだ白鷗大が98-65で勝利した。

小荒井 春菜