試合区分:No.2344
開催期日:2020年10月18日
開始時間:16:00:00
開催場所: 山梨学院大学
主審:手塚 清孝
副審:佐田 幸一

専修大学 66 15 -1P- 27
19 -2P- 14
15 -3P- 19
17 -4P- 15
-OT-
-OT-
75 山梨学院大学

専修大学

HC:児玉 茂
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 千葉 暁絵 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
1 渡部 真衣 10 0 2 5 11 0 0 3 1 2 3 0 0 0 0 28:07
5 石垣 加代 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 1 1 1 0 0 11:53
11 河村 美侑 2 0 1 1 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 8:15
13 寺尾 友里 4 0 0 2 4 0 0 1 1 1 2 0 0 0 0 10:19
14 永末 雪乃 17 2 7 5 13 1 2 3 1 5 6 0 5 0 1 31:39
15 近藤 萌 DNP
19 優 博美 DNP
21 篠崎 来夢 DNP
37 中村 安里 2 0 0 1 3 0 0 1 2 6 8 0 1 1 1 28:51
38 小幡 桃花 DNP
55 石邑 仁菜 DNP
59 秋元 文香 24 1 3 9 19 3 6 2 3 2 5 2 2 1 1 38:53
66 二上 奈央 7 1 3 2 9 0 0 4 2 4 6 3 1 0 1 31:45
93 本田 朱里 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 10:18
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 0 0 0 1 00:00
合計 66 4 17 25 61 4 8 15 13 20 33 6 10 2 5 200:00

山梨学院大学

HC:林 五十美
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 大澤 来彩 18 0 1 8 16 2 5 2 3 6 9 5 1 0 1 38:57
5 古澤 涼風 DNP
6 阿部 桃夏 2 0 0 1 3 0 0 1 2 0 2 0 0 0 0 13:56
7 清實 茉宝 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:24
8 平島 夏歩 DNP
9 河野 真奈 8 1 4 2 3 1 1 3 0 3 3 4 0 1 3 25:37
10 山田 月南 DNP
11 杉本 りく DNP
12 橋村 新菜 DNP
13 北越 春香 7 0 0 3 6 1 1 2 1 2 3 0 0 0 1 13:09
14 山本 美空 0 0 0 0 1 0 0 0 0 3 3 1 0 0 1 14:59
15 石川 明日香 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2:02
16 橋口 樹 27 0 0 12 20 3 3 0 4 10 14 0 0 0 1 37:38
17 坂口 日奈子 5 1 2 1 4 0 0 0 1 3 4 0 0 1 1 26:14
18 浅野 瑛菜 8 0 0 4 9 0 0 4 3 4 7 1 1 0 4 26:04
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3 0 0 0 3 00:00
合計 75 2 7 31 63 7 10 12 15 34 49 11 2 2 16 200:00

GAME REPORT

専修大学と山梨学院大学の一戦。開始から、山梨学院大が得点すると専修大が得点する展開となる。第1クォーター終盤、山梨学院大が連続得点をあげ、流れを掴む。専修大は食らいつくも逆転をすることができず、34-41と山梨学院大リードで前半を終える。後半、専修大は#59秋元がドライブなどで得点を量産すると#14永末も後に続き、勢いに乗る。しかし、山梨学院大はリバウンドからチャンスを掴むと#16橋口や#4大澤を中心に得点し、専修大の猛攻に待ったをかける。終始拮抗した展開となったものの、66-75と山梨学院大が勝利し、2つ目の白星を獲得した。


第1クォーター、山梨学院大#4大澤が先制すると#16橋口が連続得点を挙げる。対する専修大も#1渡部を中心に得点し、両者譲らない。中盤、専修大#59秋元が力強いドライブで得点し反撃のチャンスを狙うも、山梨学院大#18浅野がジャンパーを沈める。終盤、山梨学院大は#16橋口がインサイドで得点すると流れを掴み、#17坂口の3Pシュートで2桁リードを得る。15-27で山梨学院大がリードし、第2クォーターへ。


第2クォーター、専修大は#1渡部のドライブや、#66二上のアシストからの#21篠崎のドライブで、山梨学院大に2点差まで追い上げる。しかし山梨学院大は#16橋口がインサイドで活躍を見せ得点する。専修大は流れを変えることができず、34-41で山梨学院大がリードのまま前半を終える。


第3クォーター、山梨学院大は#13北越がドライブで連続得点を挙げると、専修大に対し14点差をつける。専修大は#59秋元がゴール下で得点を重ねるも、山梨学院大は#4大澤のアシストから#16橋口が得点すると、専修大はたまらずタイムアウトを要求する。終盤、山梨学院大が得点すると専修大が得点し、点差は変わらない。60-49と山梨学院大リードのまま勝負は最終クォーターへ。


第4クォーター、専修大は# 59秋元が連続得点を挙げると、ディフェンスにも気合が入る。相手をゴールまで寄せ付けないディフェンスで山梨学院大のシュートチャンスを奪い、6点差まで追い上げ、勢いに乗る。我慢が続く山梨学院大だが、#4大澤が果敢にゴールへアタックし得点に繋げ、専修大に逆転を許さない。その後も負けじと食らいつく専修大であったが、序盤からリードを得た山梨学院大が勝利した。

北原 明日香