試合区分:No.2659
開催期日:2021年5月7日
開始時間:14:00:00
開催場所: 和光市総合体育館Bコート
主審:手塚 清孝
副審:久保 あしみ,菊池 瑞昭

順天堂大学 61 14 -1P- 22
15 -2P- 22
15 -3P- 30
17 -4P- 21
-OT-
-OT-
95 白鴎大学

順天堂大学

HC:相澤 義政
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 今野 光莉 12 2 5 3 7 0 0 2 0 2 2 0 0 0 5 28:30
2 宮城 彩子 DNP
3 新井 和佳奈 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:17
7 長埜 美柚 10 2 7 2 6 0 0 3 0 4 4 1 0 0 3 39:43
12 松岡 侑夏 DNP
15 田中 萌々子 5 1 5 1 2 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 21:14
18 三戸部 夏依 DNP
21 玉田 和波 13 1 1 2 7 6 8 0 2 2 4 0 0 0 0 26:15
23 福島 真衣 2 0 2 0 5 2 2 0 0 2 2 0 0 0 0 13:45
25 児玉 結唯 13 3 5 2 9 0 0 0 2 3 5 0 0 0 1 30:07
32 幸嶋 里奈 6 0 0 3 6 0 0 2 2 0 2 0 0 0 1 40:00
35 染谷 璃央 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:09
58 酒井 杏奈 DNP
64 野口 天鈴 DNP
88 種田 千華 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7 0 0 0 1 00:00
合計 61 9 25 13 42 8 10 8 8 18 26 2 0 0 13 200:00

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 山下 詩織 10 0 2 5 8 0 0 0 3 4 7 0 0 0 1 22:49
5 樋口 鈴乃 12 2 3 3 5 0 0 1 0 1 1 0 0 0 1 19:11
6 桐原 麻尋 2 0 0 0 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 7:04
7 鈴置 彩夏 16 2 3 5 7 0 0 0 0 1 1 2 1 1 1 16:41
8 佐藤 多伽子 4 1 2 0 1 1 2 2 1 1 2 0 1 0 2 16:12
9 大竹 優香子 0 0 2 0 0 0 0 1 1 1 2 0 0 0 0 13:36
10 舘山 萌菜 13 0 1 6 9 1 2 0 2 5 7 0 0 0 0 19:13
11 髙木 愛華 DNP
12 松永 夏海 2 0 1 1 2 0 0 0 0 5 5 0 0 1 3 16:25
13 高田 栞里 2 0 0 1 3 0 0 2 0 2 2 0 0 0 0 10:12
14 小林 美穂 6 0 1 3 4 0 0 0 2 1 3 0 0 0 0 12:40
15 三浦 舞華 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2 3 0 0 0 0 4:01
16 田中 平和 DNP
17 大村 早和 5 1 3 1 4 0 0 3 1 2 3 1 1 0 3 17:27
20 オコンクウォ スーザン アマカ 23 0 0 11 18 1 3 1 9 7 16 1 0 0 0 24:28
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 5 0 0 0 0 00:00
合計 95 6 19 36 63 5 9 10 21 36 57 4 3 2 12 200:00

GAME REPORT

順天堂大学と前回大会準優勝の白鷗大学のベスト4進出をかけた対戦。序盤から、スピード感のあるオフェンスが持ち味である両者は、序盤から得点を取り合う展開となる。しかし、第1クォーター中盤に入ると白鷗大は#20アマカのオフェンスリバウンドが光り、リードを広げる。第2クォーターに入っても白鷗大の流れは変わらず、前半を29-44で終える。後半に入ると順天堂大#7長埜や、#25児玉の3Pシュートで追い上げを見せるも、白鷗大の勢いは止められず、圧倒的なリバウンド力を見せた白鷗大がベスト4進出を果たした。


第1クォーター、開始から順天堂大は順調に得点を重ねる。しかし、すぐに白鷗大#20アマカがミドルシュートで反撃し白鷗大が流れを掴む。中盤に入っても白鷗大の流れは変わらず、順天大は#1今野が華麗なドライブでレイアップを決め追い上げを図る。その後、白鷗大#7鈴置のスティールから#12松永がレイアップ得点を決め、差を7-15と広げる。終盤になっても白鷗大の強力なディフェンスにより順天大は中々攻め切ることができず、14-22で第1クォーターを終える。


第2クォーター、開始してすぐに白鷗大#17大村が3Pシュートを決めリードを広げる。順天大は#21玉田を中心に果敢に攻めるも中々得点に結びつけることができない。その後も白鷗大は#5樋口の3Pシュートでさらに得点を重ねる。しかし、順天大も#2宮城や#21玉田の3Pシュートで白鷗大にくらいつく。しかし、その後も白鷗大の勢いは止まらず、白鷗大#13高田がスピードのあるドライブからのレイアップシュートを決め29-44で第2クォーター終了。


第3クォーター、開始から白鷗大#20アマカのオフェンスリバウンドが光る。順天堂大はタイムアウト明けに#7長埜が3Pシュートを決めチームを勢いづけるも、白鷗大#20アマカのバスケットカウントでさらにリードを広める。順天堂大#25児玉が3Pシュートでくらいつくも白鷗大がリードを許さず44-74で第3クォーター終了。


第4クォーター、開始から白鷗大の勢いが止まらず、スピードのあるパス回しで、得点を重ねるが対する順天堂大もハードなディフェンスでくらいつく。中盤に入ると白鷗大#10舘山のレイアップシュートや、#8佐藤のスリーでさらにリードを広げる。順天堂大#32幸嶋の隙をついたレイアップシュートで追い上げを図るも追い上げられず、白鷗大が61-95で勝利した。


小田 唯莉