試合区分:No.27
開催期日:2017年9月23日
開始時間:14:40:00
開催場所: 白鷗大学 本校舎
主審:渡邊 諭
副審:岩本 涼子

東京医療保健大学 79 23 -1P- 09
19 -2P- 11
21 -3P- 17
16 -4P- 20
-OT-
-OT-
57 松蔭大学

東京医療保健大学

HC:恩塚 亨
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 森田 菜奈枝 2 0 1 1 5 0 0 0 1 2 3 1 0 0 3 19:25
1 若原 愛美 5 1 1 1 3 0 0 2 2 5 7 1 1 0 1 26:03
3 崎原 成美 6 0 1 3 3 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 8:23
7 ワン シン 16 0 0 6 12 4 4 3 5 10 15 1 0 1 4 30:49
13 平末 明日香 14 2 7 4 6 0 0 2 0 5 5 1 0 0 2 30:16
14 岡田 英里 13 0 4 6 6 1 3 3 0 4 4 2 0 0 4 26:35
15 篠原 彩音 DNP
18 藤本 愛妃 7 0 0 3 11 1 2 3 3 4 7 0 0 1 2 21:01
20 平 典紗 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3:17
21 加治屋 千遥 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2:42
32 永田 萌絵 11 1 1 4 8 0 0 0 2 1 3 1 0 3 0 25:07
34 阿部 泉美 5 1 1 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 2 6:22
36 新城 睦月 DNP
43 須賀 望美 DNP
51 田川 玲 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 7 10 0 0 0 0 00:00
合計 79 5 17 28 54 8 11 13 16 40 56 7 1 5 20 200:00

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 星澤 真 13 1 1 5 10 0 0 3 4 2 6 0 3 1 1 36:30
5 土倉 亜弥加 DNP
6 横川 清香 DNP
7 稲葉 さくら 2 0 3 1 2 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 8:02
8 加藤 美紅 0 0 0 0 1 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2:50
9 梅林 由佳 3 1 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4:52
10 橋本 花紀 DNP
11 加藤 宇希波 6 2 5 0 3 0 0 1 1 4 5 1 0 0 0 15:54
12 佐々木 亜美 DNP
13 小林 優香 11 1 4 4 9 0 0 1 0 3 3 0 3 0 5 36:30
14 横山 果菜 9 0 4 3 10 3 4 4 0 1 1 0 2 0 3 31:40
15 奥 伊吹 6 0 2 2 6 2 2 5 2 4 6 3 0 0 0 27:46
16 新村 莉子 DNP
17 熊谷 日毬 7 1 3 2 4 0 0 0 0 1 1 0 1 0 2 27:59
18 安彦 かすみ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7:57
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 7 0 0 0 0 00:00
合計 57 6 25 17 45 5 8 15 8 22 30 5 9 1 12 200:00

GAME REPORT

第1ピリオド、医療保健大は開始直後から#7王のゴール下で先制すると#14岡田の鋭いドライブが続き幸先の良いスタートを切る。対する松蔭大は#13小林が3Pシュートで応戦するが、相手の激しいディフェンスに攻めあぐねる。その後も、医療保健大はリズムのよいオフェンスで着々と加点。一方の松蔭大も#4星澤の3Pシュートで粘りをみせるが最後は医療保健大#32永田が3Pシュートを沈め23-9。医療保健大が波に乗り第1ピリオド終了。


第2ピリオド、流れを変えたい松蔭大は序盤からオフェンスリバウンドで粘るも得点につなげられない。対する医療保健大は相手のディフェンスに苦しむも#32永田、#13平末らが相手の隙をつきじわじわとリードを伸ばす。中盤に入り松蔭大は、#13小林のジャンパーや#17熊谷の速攻で喰らい付く。しかし、終盤に入っても医療保健大は#13平末、#1若原の3Pシュートで勢い衰えず。42-20で、医療保健大が大量リードを奪い前半を折り返す。


第3ピリオド、松蔭大は#4星澤がポストプレイで奮闘し盛り返しを図るが医療保健大は#13平末、#14岡田らが着実に決め返しリードを譲らない。終盤、松蔭大は#13小林、#15奥が連続で加点し勢いを見せるも医療保健大はタイムアウト後に#14岡田の連続得点が決まり流れを渡さない。終盤に入っても、松蔭大は#9梅林の3Pシュートで応戦するが医療保健大も#34阿部の3Pシュートで譲らない。結局、63-37と医療保健大が巻き返しを阻み最終ピリオドへ。


第4ピリオド、序盤、互いにディフェンスに阻まれ我慢の展開が続く。中盤に差し掛かると松蔭大は#11加藤(宇)の3Pシュートに#13小林のワンマン速攻が続き追い上げをみせる。しかし、医療保健大は#3崎原のゴール下などリザーブメンバーも力を見せて巻き返しを許さない。終盤、松蔭大は#14横山や#7稲葉のシュートと最後まで奮闘するもタイムアップ。79-57と終始リードを譲らなかった医療保健大が白星を勝ち取った。

小籔 夕未