試合区分:No.3219
開催期日:2022年9月24日
開始時間:13:30:00
開催場所: 白鷗大学大行寺キャンパス Bコート
主審:加藤 文
副審:飯田 はるか,堀井 しずか

山梨学院大学 78 17 -1P- 23
24 -2P- 13
18 -3P- 14
19 -4P- 17
-OT-
-OT-
67 松蔭大学

山梨学院大学

HC:林 五十美
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 清實 茉宝 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:00
5 藤澤 夢叶 7 1 5 2 9 0 0 1 3 3 6 7 1 0 3 32:54
8 アググア チカ チュクウ 40 0 0 20 22 0 4 2 9 14 23 2 1 1 1 40:00
11 杉本 りく 6 2 3 0 2 0 0 3 0 0 0 1 0 0 2 14:01
20 野田 遥 DNP
22 アチャラ オゲチクランシー DNP
27 橋村 新菜 0 0 1 0 1 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 3:53
28 下里 柚喜 6 0 2 3 7 0 0 1 1 2 3 4 1 0 1 33:05
32 杉山 夏穂 DNP
38 澤本 瑠衣 DNP
51 山田 月南 2 0 0 1 2 0 0 1 0 0 0 1 0 0 1 16:34
55 日野 華希 5 0 0 1 1 3 4 3 1 0 1 5 0 0 0 23:26
70 皆川 もえ DNP
72 藤井 七帆 DNP
80 佐藤 双羽 12 0 1 5 10 2 2 1 2 8 10 3 0 0 0 36:07
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 4 0 0 0 4 00:00
合計 78 3 12 32 54 5 10 13 20 28 48 23 3 1 12 200:00

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 髙橋 玲那 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 10:12
5 西江 瑠加也ワリペ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 9:29
6 松尾 響 DNP
7 高林 奈々 15 4 11 1 2 1 1 3 0 3 3 2 2 0 2 26:23
8 西堀 夏緒 15 1 3 5 11 2 3 1 2 2 4 1 1 1 0 29:48
9 石橋 玲奈 7 1 6 2 4 0 0 2 1 1 2 3 0 0 0 34:39
10 佐藤 花愛 DNP
11 平尾 彩奈 DNP
12 石橋 花穂 16 4 9 1 1 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 32:02
13 市川 凜香 DNP
14 梶賀 惠愛 DNP
15 渡辺 花菜 10 0 0 5 8 0 0 3 0 0 0 0 1 0 0 30:04
16 上村 朋 DNP
17 萩原 来夢 4 0 0 2 5 0 2 1 1 2 3 1 0 0 0 23:28
18 池田 沙恵 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3:55
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4 7 0 0 0 5 00:00
合計 67 10 29 16 34 5 8 10 8 13 21 7 4 1 8 200:00

GAME REPORT

1つ目の白星を獲得し、一次リーグ後半戦に向けて勢いづきたい山梨学院大学と松蔭大学との一戦。序盤、互角に渡り合うも、松蔭大#7高林の3Pシュートを皮切りに、松蔭大がリードを奪う。しかし山梨学院大も黙っておらず、身長のアドバンテージを利用し得点を重ね、前半終了時には41-36と逆転する。後半、松蔭大が鉄壁のディフェンスから得点につなげると山梨学院大に追いつく。しかし山梨学院大も底力を発揮し、ゴール下で着実に得点を伸ばしていく。松蔭大は最後まで食らいつくも及ばず、78-67で山梨学院大が1つ目の白星を獲得した。


第1クォーター、松蔭大#12石橋(花)が3Pシュートを沈め、幕開け。山梨学院大はペイントにボールを集め、#8アググアを中心に得点を重ねていく。対する松蔭大は、#8西堀らの鋭いドライブから得点し、拮抗した展開となる。終盤、松蔭大#7高林の連続3Pシュートが決まり、一歩リードし、17-23で第1クォーターを終える。


第2クォーター、序盤から松蔭大#7高林の3Pシュートが止まらず、リードを広げる。対する山梨学院大は、#8アググア、#80佐藤のゴール下、#28下里のドライブで食らいつく。終盤、激しい攻防の中、山梨学院大が#5藤澤の得点で同点とすると、続いて3Pシュートも沈め、逆転に成功する。その後もオフェンスリバウンドから得点チャンスをものにし、リードを広げる。ブザービートで松蔭大#12石橋(花)が3Pシュートを沈めるも、41-36で山梨学院大がリードし折り返す。


第3クォーター、山梨学院大は前半同様、ペイントで確実に得点を重ねる。対する松蔭大はディフェンスで24秒オーバータイムを誘うと、#12石橋(花)が3Pシュートを決め逆転する。その後は両者激しい点の取り合いになる。しかし終盤、山梨学院大はゴール下の得点に加え#55日野のドライブが決まり、リードを広げ、59-50で最終クォーターを迎える。


第4クォーター、松蔭大は速い展開から#15渡辺が連続得点で流れに乗りたいところだが、山梨学院大#11杉本が3Pシュートを沈め、逆転を許さない。さらに#8アググアにボール集め、着実にリードを広げていく。逆転を図る松蔭大は#9石橋(玲)の3Pシュート、#8西堀のレイアップで迫る。しかし、山梨学院大は#55日野の華麗なアシストから#8アググアのコンビネーションを魅せる。終了直前、松蔭大#8西堀が3Pシュートを沈めるも、78-67で山梨学院大が接戦を制した。

柴田 夏希