試合区分:No.3445
開催期日:2022年10月8日
開始時間:15:30:00
開催場所: 筑波大学
主審:古畑 咲
副審:中澤 美保子,吉田 智子

拓殖大学 69 16 -1P- 15
14 -2P- 07
18 -3P- 17
21 -4P- 13
-OT-
-OT-
52 山梨学院大学

拓殖大学

HC:佐藤 森王
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 鈴木 栞奈 10 0 2 3 6 4 6 0 1 0 1 5 1 0 1 22:20
3 中三川 叶羽 DNP
6 長尾 クリスチィーン 2 0 0 1 2 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 4:22
11 木村 真唯 4 0 0 2 5 0 0 0 0 3 3 2 0 0 3 29:19
13 黒川 菜津奈 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:57
14 カマラ アセトゥ DNP
17 佐藤 恋々 0 0 1 0 1 0 0 1 1 0 1 0 0 0 1 7:27
19 吉田 眞子 6 0 3 3 7 0 0 0 1 6 7 0 2 2 1 29:19
21 小村 日夏理 7 1 3 2 7 0 0 2 3 5 8 1 0 0 0 23:23
24 西 真成美 0 0 0 0 0 0 2 2 0 1 1 1 0 0 0 12:01
28 狩野 美里 15 0 3 7 13 1 2 0 0 5 5 1 1 1 1 18:44
31 堂脇 さち 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:53
35 ディクソン モニカ 5 0 0 1 4 3 4 1 2 3 5 0 0 0 1 10:27
45 野尻 愛架 1 0 0 0 2 1 2 1 1 1 2 0 1 0 0 12:22
55 ンウォコマーベラス アダクビクター 19 0 0 9 16 1 2 1 6 13 19 1 1 1 2 27:26
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0 0 0 0 00:00
合計 69 1 13 28 63 10 18 8 18 39 57 11 6 4 10 200:00

山梨学院大学

HC:林 五十美
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 清實 茉宝 2 0 0 1 5 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 6:13
5 藤澤 夢叶 13 3 10 2 9 0 0 4 1 5 6 2 2 0 1 26:00
8 アググア チカ チュクウ 9 0 0 4 10 1 2 3 3 4 7 0 1 0 4 29:12
11 杉本 りく 8 2 5 1 6 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 16:07
20 野田 遥 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3:26
22 アチャラ オゲチクランシー 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0:33
27 橋村 新菜 4 0 4 1 1 2 3 1 0 1 1 1 1 0 0 14:01
28 下里 柚喜 3 1 1 0 3 0 0 1 1 4 5 1 0 0 4 20:47
32 杉山 夏穂 DNP
38 澤本 瑠衣 DNP
51 山田 月南 4 0 0 2 3 0 1 0 1 2 3 3 0 0 0 30:15
55 日野 華希 5 1 1 1 6 0 0 1 1 3 4 2 2 0 1 20:38
70 皆川 もえ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1:30
72 藤井 七帆 DNP
80 佐藤 双羽 4 0 0 1 8 2 2 4 1 3 4 0 0 2 0 31:18
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 5 0 0 0 0 00:00
合計 52 7 21 13 52 5 8 15 12 26 38 9 8 2 10 200:00

GAME REPORT

両者ともに、ビックマンを有する拓殖大学と山梨学院大学との第7戦。序盤から、両者の激しい攻防が続くが、拓殖大は#55マーベラスを中心に着実に得点を重ねると、山梨学院大は#55日野や#80佐藤を中心に得点する。中盤には、山梨学院大#11杉本の3Pシュートが量産され、得点差を縮めるが拓殖大の粘り強い堅守で流れを渡さず。終盤になっても、拓殖大がリードを保ったまま69-52で拓殖大学が白星を獲得した。


第1クォーター、開始早々から両者一進一退の状態が続く。残り5分をきると、拓殖大#2鈴木がジャンパーを決めると、続けて#28狩野がフリースロー、#6長尾がゴール下で得点する。対する山梨学院大は#80佐藤がゴール下で得点し流れをリセットする。その後、両者ともに得点の取り合いが続き、第1クォーターを15-16で終える。


第2クォーター、初めから拓殖大は堅守で相手のミスを誘い、攻撃チャンスを増やす。対して、山梨学院大は相手の堅守に押し負け、一時は得点チャンスを奪われたが、#51山田がドライブからバスケットカウントで得点し、流れをクリアにする。残り4分をきると、拓殖大#55マーベラスがフリースローやジャンパーを沈め、得点に貢献する。山梨学院大は#5藤澤が3Pシュートを沈め、30-22で前半を終える。


第3クォーター、序盤から拓殖大#55マーベラスを中心に得点しリードを広げると、対する山梨学院大は#8アググアや#55日野の得点で相手に詰め寄る。残り5分になっても、拓殖大#55マーベラスの得点は止まらず、リードを徐々に広げていく。しかし、山梨学院大は#11杉本が3Pシュートを沈めると、続けて#55日野が得点し得点差を7点とする。その後、拓殖大#28狩野が得点し、第3クォーターを48-39で終える。


第4クォーター、初め拓殖大#28狩野が得点すると、山梨学院大#11杉本が3Pシュートを沈め対抗する。中盤になり、拓殖大はインサイドへの堅守でチャンスを作り、得点する。対して、山梨学院大はミスが続きなかなか得点に結びつかない。残り5分をきると、山梨学院大#5藤澤が3Pシュートを沈める。拓殖大は堅守から速いバスケットで#11木村がジャンパーを決める。終盤になり、両者ともに激しい攻防が続くが最終スコア69-52で拓殖大が勝利した。

北澤 陽奈子