試合区分:No.3450
開催期日:2022年10月9日
開始時間:15:30:00
開催場所: 筑波大学
主審:穂川 苑子
副審:飯田 一行,稲田 翔人

白鴎大学 119 31 -1P- 16
22 -2P- 24
36 -3P- 15
30 -4P- 15
-OT-
-OT-
70 早稲田大学

白鴎大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 鈴置 彩夏 7 1 2 1 2 2 2 0 1 3 4 5 0 0 3 19:21
5 樋口 鈴乃 2 0 1 1 2 0 0 0 1 1 2 3 2 0 0 13:34
6 桐原 麻尋 9 0 0 2 5 5 10 2 1 3 4 4 1 0 1 15:51
7 玉川 なつ珠 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 2 1 1 0 0 7:05
8 佐藤 多伽子 7 1 2 2 4 0 0 3 3 1 4 2 0 0 0 13:33
9 大竹 優香子 3 1 3 0 0 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0 8:33
11 髙木 愛華 8 0 1 4 4 0 0 2 0 1 1 0 0 0 0 5:17
12 松永 夏海 10 0 1 4 5 2 4 3 0 1 1 1 1 0 1 18:52
14 小林 美穂 7 1 1 2 2 0 2 0 0 5 5 0 0 0 3 9:05
15 三浦 舞華 3 1 2 0 1 0 0 4 0 2 2 3 0 0 2 19:05
16 田中 平和 21 1 2 8 12 2 4 3 5 3 8 1 1 1 4 20:07
17 大村 早和 3 1 5 0 0 0 0 1 1 2 3 1 0 1 1 13:39
18 佐坂 光咲 2 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 7:22
19 清水 絢 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 3:40
20 オコンクウォ スーザン アマカ 37 0 0 15 24 7 14 3 13 11 24 0 4 3 2 24:56
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 4 0 0 0 1 00:00
合計 119 7 22 40 63 18 36 23 28 38 66 23 10 5 18 200:00

早稲田大学

HC:大西 真由
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 フェスターガード ヤヤ 24 1 2 8 26 5 6 4 1 5 6 4 1 0 5 38:53
5 羽鳥 寧々 DNP
10 市浦 花 DNP
11 佐藤 実花 14 2 6 4 10 0 0 2 3 1 4 1 4 1 2 37:27
12 松﨑 玲那 4 0 0 2 3 0 2 3 1 1 2 0 0 0 0 17:23
14 望月 綾乃 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:41
15 利川 晴菜 DNP
18 桂 蘭 DNP
21 中山 桂 8 1 7 2 4 1 2 3 4 5 9 1 2 0 3 30:09
22 中野 雛菜 6 0 0 3 3 0 2 4 1 2 3 0 0 0 2 20:57
25 田端 夏海 0 0 1 0 0 0 0 3 1 0 1 0 0 0 0 6:40
32 江頭 璃梨 14 0 1 4 15 6 7 2 1 2 3 0 1 0 5 36:35
35 境 美潮 DNP
61 野呂田 遥花 DNP
88 川岸 柚 0 0 0 0 0 0 0 3 0 1 1 1 0 0 0 8:15
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 5 0 0 0 0 00:00
合計 70 4 17 23 63 12 19 24 17 17 34 7 8 1 17 200:00

GAME REPORT

ゴール下での強さを見せ続ける白鷗大学と、多くのアシストを記録し続ける早稲田大学との第8戦。前半、立ち上がりから白鷗大が圧倒的な得点力を見せつけ早稲田大を牽制する。早稲田大は持ち味の正確なボール回しと隙を突くディフェンスで鍵穴を狙うが、白鷗大に先を行かれリードを詰めきれない。後半、ファウルに苦しむ両者だが、状況を逸したのは白鷗大。強い当たりが制限される中でも、果敢な守りで掴みどころ着実に握っていく。対する早稲田大はスピードと突破力で反撃するが、後半でつけられたリードに苦しむことに。白鷗大は終盤に向け得点に滞りを見せることなく、我慢強さで勝利を掴み取った。


第1クォーター、序盤、得点力に富む早稲田大は鋭いアシストから得点を重ねる。対する白鷗大は#20アマカがゴール下を支配し、そこから試合の流れも掴む。白鷗大はディフェンスの強さでも早稲田大を阻み、攻守共に主導権を握る。中盤、白鷗大は#20アマカがドライブから渾身のバスケットカウント。流れを先取られた早稲田大は#3ヤヤの力強いボールプッシュで得点するも終盤、白鷗大#6桐原、#16田中に隙を突かれ押されると31-16、白鷗大がリードし第1クォーター終了。


第2クォーター、序盤、後を追う早稲田大は#11佐藤の果敢なゴールアタックで連続得点を挙げる。白鷗大は早稲田大の押し上げにファウルが嵩むが、#12松永、#5樋口によるタフなプレーでリードは守られる。中盤、早稲田大はディフェンスから徐々に白鷗大の流れを止める。#3ヤヤ、#22中野をはじめとして果敢に攻め込み自ら得点に貢献、じわじわと白鷗大を追い込む。終盤、コートに戻った白鷗大#20アマカが大胆なブロックショットで滞った流れを引き戻し53-40、白鷗大がリードを守り第2クォーター終了。


第3クォーター、序盤、白鷗大は#12松永の粘りに満ちたディフェンスからスティールを生み徐々に調子を上げる。しかし前半に続きファウルが重なると、それをチャンスと見た早稲田大が攻める。中盤、早稲田大は大きく開いた点数に対し堅守から#3ヤヤ、#21中山の得点で少しずつ反撃。だが終盤、白鷗大はファウルを恐れず球際を攻め入り、#5樋口、#6桐原の躍動で得点差30点に導く。そのまま勢いに乗り89-55、白鷗大が立て直しに成功し第3クォーター終了。


第4クォーター、序盤、白鷗大が滑り出しから連続得点を挙げ、ゴール下は#20アマカの独壇場に。併せて#9大竹、#17大村らシューターの活躍で得点は三桁の大台に乗る。中盤、後がない早稲田大は#32江頭、#11佐藤、#3ヤヤなどの高い機動力で得点を試みるが開いた差が縮まらない。終盤、白鷗大は攻撃の手を全く緩ませず、#11髙木をはじめとする得点の連続で早稲田大をねじ伏せる。その後も白鷗大のペースは落ちることなく119-70、白鷗大が8つ目の白星を獲った。

小荒井 春菜