試合区分:No.3534
開催期日:2022年10月15日
開始時間:11:30:00
開催場所: エスフォルタアリーナ八王子 Bコート
主審:手塚 清孝
副審:久保 あしみ,坂 美佑紀

桐蔭横浜大学 79 18 -1P- 23
19 -2P- 24
21 -3P- 24
21 -4P- 32
-OT-
-OT-
103 松蔭大学

桐蔭横浜大学

HC:木村 和宏
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 畠山 愛花 2 0 0 1 5 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 7:41
9 山本 優華 4 0 0 2 2 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 9:37
11 川田 優唯 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:56
12 水沼 和佳菜 DNP
13 髙山 美瑠 8 2 4 1 1 0 0 1 1 4 5 1 1 0 0 25:28
16 佐々木 望歌 4 0 1 2 2 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 11:16
18 佐藤 志緒里 2 0 2 1 5 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 5:40
24 岡田 寿々花 0 0 3 0 1 0 0 1 1 1 2 0 1 1 0 20:59
25 松橋 京香 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:56
27 須田 理恵 4 0 2 2 4 0 0 0 0 4 4 1 0 1 1 26:28
31 窪田 真優 21 3 8 5 13 2 2 1 1 2 3 7 0 0 1 30:23
33 内山 優美 6 2 3 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 7:04
72 菅谷 夏海 20 0 1 8 11 4 7 0 3 5 8 0 0 0 0 27:59
77 萩原 さや 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 1 0 0 1:40
88 円谷 愛加 8 1 4 2 6 1 2 1 2 2 4 0 1 0 2 21:53
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 00:00
合計 79 8 28 24 51 7 11 11 9 23 32 10 5 2 4 200:00

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 髙橋 玲那 9 1 2 2 2 2 2 1 0 3 3 0 0 0 0 8:34
5 西江 瑠加也ワリペ DNP
6 松尾 響 5 1 1 1 2 0 0 0 2 0 2 2 0 0 0 3:34
7 高林 奈々 20 4 5 4 8 0 0 1 2 7 9 3 0 0 3 35:33
8 西堀 夏緒 20 2 4 6 16 2 2 1 2 2 4 3 0 0 1 25:24
9 石橋 玲奈 11 3 5 1 4 0 0 0 0 4 4 3 0 2 0 36:10
10 佐藤 花愛 DNP
11 平尾 彩奈 6 0 2 3 3 0 0 1 2 7 9 4 0 0 0 23:21
12 石橋 花穂 15 3 9 3 5 0 0 0 0 2 2 0 3 0 0 22:29
13 市川 凜香 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:54
14 梶賀 惠愛 DNP
15 渡辺 花菜 13 0 0 6 8 1 1 4 0 3 3 3 0 0 0 21:57
16 上村 朋 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:50
17 萩原 来夢 2 0 0 1 1 0 0 2 2 4 6 2 0 0 2 15:25
18 池田 沙恵 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2:49
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 00:00
合計 103 14 29 28 51 5 5 10 10 33 43 20 3 2 8 200:00

GAME REPORT

今年度から1部に昇格した桐蔭横浜大学と松蔭大学の一戦。開始から桐蔭横浜大は#88円谷を中心に得点を稼ぐ。しかし、#8西堀の連続3Pシュートを皮切りに松蔭大がリードを奪う。第2クォーター中盤、桐蔭横浜大は#72菅原のバスケットカウントから一時は同点に追い付く。しかし、松蔭大は3Pシュートを中心に得点を重ね、一度もリードを許さぬまま、79-103で勝利した。


第1クォーター、桐蔭横浜大#31窪田のシュートで幕開け。桐蔭横浜大は#88円谷がリバウンドからシュート、続けて3Pシュートを決め良いスタートを切る。しかし、対する松蔭大は#8西堀が連続3Pシュートを決めると#7高林も続き、リードを奪う。その後は両者一進一退の展開となり18-23で松蔭大がリードで第1クォーター終了。


第2クォーター、開始から松蔭大は#15渡辺のバスケットカウントが決まる。対する桐蔭横浜大はオフェンスリバウンドから、#31窪田、#13髙山の3Pシュートが決まり3点差に追い付き、#72菅谷のバスケットカウントで30-30と同点になる。しかし、松蔭大も#7高林の3Pシュートで逆転を許さない。勢い付いた松蔭大は#12石橋(花)がスティールから3Pシュートを沈め10点差までリードを広げ、37-47で松蔭大がリードのままで勝負は後半へ。


第3クォーター、桐蔭横浜大はピックアンドロールから#72菅谷のレイアップが決まる。続いて#31窪田が3Pシュートを決め巻き返しを図る。しかし、対する松蔭大も#7高林が3Pシュートを沈め、リードを守る。終盤に入っても松蔭大の#9石橋(玲)が3Pシュートを決め追随を許さない。その後も、流れは変わらぬまま、58-71と松蔭大リードで最終クォーターへ。


第4クォーター、開始から松蔭大#9石橋(玲)の3Pシュートが決まり20点差までリードを広げる。しかし、桐蔭横浜大も#13髙山が3Pシュートを決め、なんとか食らい付き、#33内山の3Pシュートを決める。しかし、後半に入っても松蔭大の3Pシュートは衰えず、79-103で松蔭大がリーグ戦初白星を獲得した。

小田 唯莉