試合区分:No.3535
開催期日:2022年10月15日
開始時間:14:00:00
開催場所: エスフォルタアリーナ八王子 Bコート
主審:山田 依美里
副審:赤羽 沙耶,大坪 綾音

拓殖大学 88 20 -1P- 20
26 -2P- 26
25 -3P- 19
17 -4P- 27
-OT-
-OT-
92 早稲田大学

拓殖大学

HC:佐藤 森王
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 鈴木 栞奈 8 1 2 2 7 1 1 4 0 1 1 1 0 0 0 15:50
3 中三川 叶羽 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:24
6 長尾 クリスチィーン 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 2:46
11 木村 真唯 2 0 0 1 6 0 0 2 0 5 5 1 0 0 3 26:17
14 カマラ アセトゥ 2 0 0 1 1 0 0 1 1 0 1 0 0 1 0 3:43
16 田中 ナターシャ絵里 2 0 0 1 2 0 0 1 0 2 2 0 0 0 0 7:45
17 佐藤 恋々 4 0 0 2 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 5:40
19 吉田 眞子 6 0 4 3 6 0 0 1 0 5 5 3 0 0 1 29:25
21 小村 日夏理 19 0 5 9 12 1 4 0 2 9 11 3 1 1 2 29:39
24 西 真成美 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 4:44
28 狩野 美里 10 0 2 3 8 4 4 3 3 2 5 0 0 1 4 19:00
34 北原 知佳 DNP
35 ディクソン モニカ 6 0 0 2 4 2 2 0 0 0 0 1 0 0 1 7:20
45 野尻 愛架 10 0 0 5 6 0 0 0 1 1 2 2 0 1 1 26:09
55 ンウォコマーベラス アダクビクター 17 0 0 8 10 1 2 3 4 7 11 1 0 3 5 20:18
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 6 11 0 0 0 1 00:00
合計 88 1 13 38 65 9 13 16 16 39 55 13 1 7 20 200:00

早稲田大学

HC:大西 真由
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 フェスターガード ヤヤ 15 1 4 5 15 2 2 0 0 8 8 4 3 1 1 37:01
10 市浦 花 DNP
11 佐藤 実花 0 0 2 0 4 0 0 1 2 0 2 1 1 1 0 38:19
12 松﨑 玲那 DNP
14 望月 綾乃 DNP
15 利川 晴菜 DNP
18 桂 蘭 DNP
21 中山 桂 24 6 13 2 4 2 2 2 2 4 6 0 1 0 2 36:04
22 中野 雛菜 4 0 0 1 1 2 2 3 3 0 3 0 3 1 0 24:33
23 江村 優有 39 4 11 12 23 3 3 1 2 6 8 5 1 3 1 37:56
25 田端 夏海 DNP
32 江頭 璃梨 10 0 2 5 11 0 0 4 1 2 3 0 0 0 0 26:07
35 境 美潮 DNP
61 野呂田 遥花 DNP
88 川岸 柚 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1 5 0 0 0 1 00:00
合計 92 11 32 25 58 9 9 11 14 21 35 10 9 6 5 200:00

GAME REPORT

上位リーグ進出を賭けた拓殖大学と早稲田大学の一戦。

開始から両者一歩も譲らない展開となる。早稲田大は#23江村を中心に得点を稼ぐ。対する拓殖大はディフェンスから流れを掴み、一進一退の展開で、同点で、前半を折り返す。後半に入ると、シュートを決め切った拓殖大が徐々にリードを広げる。しかし、早稲田大も#21中山の連続3Pシュートで火が付き一気に逆転する。その後も早稲田大の勢いは止まらず、88-92で早稲田大が激戦を制した。


第1クォーター、激動の一戦は早稲田大が#23江村のバスケットカウントで先制。対する拓殖大も#11木村がシュートを決める。拓殖大は#55マーベラスが高さを活かし、ゴール下で活躍する。対する早稲田大は#3ヤヤが3Pシュートを沈める。両者一進一退の展開が続き20-20と同点で、第1クォーター終了。


第2クォーター、早稲田大は#21中山の3Pシュートで1歩リード。しかし、拓殖大がディフェンスから流れを掴み#17佐藤のスティールを皮切りに徐々にリードを広げる。しかし、早稲田大も#23江村が3Pシュートを決め食らい付く。対する拓殖大は#2鈴木がバスケットカウントでリードを守る。巻き返しを図る早稲田大は#11佐藤、#23江村が3Pシュート決め44-42と2点差まで追いつき、#32江頭のジャンパーで同点に。その後も同点のまま46-46で勝負の行方は後半へ。


第3クォーター、開始から拓殖大#19吉田が決めるとすぐさま#32江頭が決め返す。その後、拓殖大は#21小村を中心に果敢に攻撃を仕掛け、6点までリードを広げる。しかし、早稲田大もディフェンスからテンポよく攻撃を仕掛け、#3ヤヤのシュートで点差を2点まで詰める。しかし、拓殖大#2鈴木が3Pシュートを沈め71-65と拓殖大が1歩リードで最終クォーターへ。


第4クォーター、拓殖大は#45野尻のシュートで幕開け。対する早稲田大は#21中山が連続3Pシュートで反撃を図る。拓殖大は#55マーベラスがゴール下で活躍を見せリードを守る。しかし、一歩も引かない早稲田大は#23江村の3Pシュートをきっかけに1点差に追い付き#3ヤヤのシュートで81-82と逆転し、勢いそのままに#22中山の3Pシュートで4点差にリードを広げる。タイムアウト明け、拓殖大は#21小村の意表をついたレイアップで逆転する。しかし、早稲田大は#21中山が3Pシュートで再びリードを奪い88-90に。その後早稲田大#23江村がフリースローを2本決めきり88-92で勝利した。

小田 唯莉