試合区分:No.43
開催期日:2017年10月14日
開始時間:12:40:00
開催場所: 拓殖大学 八王子校舎
主審:加藤 暁生
副審:上杉 侑里子

筑波大学 72 19 -1P- 13
06 -2P- 21
24 -3P- 24
23 -4P- 17
-OT-
-OT-
75 松蔭大学

筑波大学

HC:柏倉 秀徳
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 吉成 文 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 11:39
8 中村 まこ DNP
10 小林 珠子 DNP
11 木村 珠貴 7 0 0 2 5 3 3 3 1 4 5 1 0 0 1 26:55
12 松本 愛美 18 2 12 4 6 4 5 3 0 4 4 2 1 0 2 37:25
14 伊藤 遥香 DNP
16 高辻 真子 11 1 3 4 7 0 0 2 0 2 2 2 4 0 5 38:32
20 矢田 真悠 8 0 0 4 11 0 0 4 4 1 5 0 1 0 0 20:00
22 小久保 紗羅ジョイス DNP
23 渡邊 悠 13 0 0 6 11 1 4 3 2 5 7 0 0 1 4 35:39
24 佐々木 芽衣 DNP
27 上栗 晴花 7 1 3 2 4 0 1 2 1 1 2 0 1 0 1 12:23
37 田中 みなみ DNP
43 澤田 佳奈 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:37
45 佐藤 由璃果 8 0 0 2 5 4 4 4 1 1 2 0 0 1 3 15:50
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 4 9 0 0 0 0 00:00
合計 72 4 19 24 50 12 17 21 14 23 37 5 7 2 16 200:00

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 星澤 真 6 0 0 2 6 2 2 5 5 5 10 0 0 2 4 25:38
5 土倉 亜弥加 DNP
6 五十嵐 律美 DNP
7 稲葉 さくら 0 0 0 0 0 0 0 2 1 1 2 1 1 0 2 19:15
8 加藤 美紅 DNP
9 梅林 由佳 DNP
10 橋本 花紀 DNP
11 加藤 宇希波 19 3 7 4 10 2 3 3 0 8 8 1 2 0 3 37:50
12 佐々木 亜美 DNP
13 小林 優香 23 3 6 5 12 4 6 2 2 1 3 0 2 0 4 39:19
14 横山 果菜 0 0 0 0 1 0 0 1 0 1 1 1 1 0 0 8:24
15 奥 伊吹 22 0 0 8 15 6 10 4 3 8 11 0 1 0 3 37:17
16 新村 莉子 DNP
17 熊谷 日毬 5 1 1 1 4 0 0 1 0 1 1 1 1 0 1 32:16
18 安彦 かすみ DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 3 00:00
合計 75 7 14 20 48 14 21 18 11 28 39 4 8 2 20 200:00

GAME REPORT

第1ピリオド、序盤、松蔭大は#13小林のアウトサイドシュートで先制すると、#15奥もステップインで続き、前に出る。一方の筑波大はシュートを決めきれず開始4分間無得点と重苦しい立ち上がりとなったが、#20矢田の速攻で流れを変えると、続いて#12松本のバスケットカウントや#23渡邊のレイアップと三連取し、リードを奪う。終盤、筑波大はフルコートでプレッシャーをかけると、#16高辻がスティールを量産し、#27上栗らの得点でリードを7まで広げる。松蔭大は#13小林、#17熊谷らのアウトサイドシュートで対抗するも、終了間際、筑波大#20矢田がカットインからゴール下を沈め、19-13。筑波大リードで第1ピリオド終了。


第2ピリオド、序盤、松蔭大は#15奥がジャンプショットを沈めると、その後、相手のファウルを誘い、#4星澤や#15奥のフリースローで得点を重ねていく。対する筑波大は、#16高辻がスティールからワンマン速攻を沈めるも、後が続かず得点が止まる。中盤に入っても流れは変わらず、無得点状態が続く筑波大を横目に、松蔭大は#11加藤(宇)の3Pシュートや#15奥のドライブなどで連取し、逆転に成功。何とか流れを引き戻したい筑波大は、#20矢田のインサイドや#23渡邊のジャンプショットで応戦するも、終盤、松蔭大#13小林が3Pシュートを含む三連取する活躍を見せ、34-25。松蔭大がリードを得て、試合を折り返す。


第3ピリオド、序盤、筑波大は#12松本が3Pシュートやジャンプショットを沈めるが、松蔭大は#4星澤が体を張ったリバウンドからチャンスを広げ、自らも得点を挙げると、さらに#13小林の速攻などでリードを伸ばす。中盤、筑波大は#45佐藤のインサイドや#23渡邊のジャンパーなどで連取し喰らい付くも、松蔭大は#11加藤(宇)が見事なステップバックで返す。終盤、筑波大は#16高辻がドライブを沈めると、#11木村もフリースローで続き5点差まで詰め寄る。しかし、松蔭大は#11加藤(宇)、#13小林らが得意の3Pシュートを連続で沈め、58-49とし、松蔭大がリードを保ち最終ピリオドへ。


第4ピリオド、序盤、筑波大は開始早々に#27上栗がリバウンドショットを沈めると、松蔭大も#13小林が3Pシュートで返し、両者一歩も引かない展開となる。しかしその後、筑波大は#11木村がバスケットカウントを沈めると、#23渡邊のフリースロー、#27上栗の3Pシュートと連取し、点差を3まで縮める。ところが、簡単には譲れない松蔭大は#11加藤(宇)の外角シュートや#17熊谷のレイアップと連取し返し、点差は変わらない。試合が動いたのは残り2分、筑波大#16高辻のドライブに3Pシュートで点差を2まで縮めると、#12松本のフリースローで1点差に。松蔭大は#13小林がすかさずフリースローを決め返すが、筑波大も、終了間際に#23渡邊のゴール下で同点に。このまま延長戦へ突入かと思われたが、ドライブで攻め込んだ松蔭大#11加藤(宇)がブザーと同時にバスケットカウントをねじ込み試合終了。75-72と、松蔭大が3つ目の白星を獲得した。

原田 知歩