試合区分:No.51
開催期日:2017年10月21日
開始時間:13:40:00
開催場所: 浦和駒場体育館 Bコート
主審:丸山 淳
副審:上杉 侑里子

筑波大学 69 14 -1P- 20
19 -2P- 15
23 -3P- 15
13 -4P- 13
-OT-
-OT-
63 専修大学

筑波大学

HC:柏倉 秀徳
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 吉成 文 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2:50
8 中村 まこ DNP
10 小林 珠子 DNP
11 木村 珠貴 1 0 0 0 5 1 2 1 1 1 2 1 0 0 1 13:26
12 松本 愛美 22 5 12 3 4 1 2 3 1 3 4 4 1 0 3 37:10
14 伊藤 遥香 9 3 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5:35
16 高辻 真子 4 0 3 1 2 2 2 1 4 2 6 7 5 0 2 38:29
20 矢田 真悠 9 0 1 4 10 1 2 3 0 0 0 0 2 0 0 28:32
22 小久保 紗羅ジョイス 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 1 0 0 0 0 2:28
23 渡邊 悠 5 1 3 1 6 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 17:22
24 佐々木 芽衣 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7:04
27 上栗 晴花 6 0 2 3 5 0 0 3 1 2 3 1 1 0 0 18:34
37 田中 みなみ DNP
43 澤田 佳奈 DNP
45 佐藤 由璃果 13 0 0 5 14 3 3 4 3 4 7 5 1 0 3 28:30
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 8 0 0 0 0 00:00
合計 69 9 26 17 47 8 13 18 14 17 31 18 10 0 12 200:00

専修大学

HC:児玉 茂
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 渡部 友里奈 8 0 1 4 12 0 0 3 2 2 4 1 1 0 7 34:38
5 石垣 加代 DNP
6 近藤 久恵 3 1 2 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 10:48
7 村岡 美英 DNP
11 河村 美侑 DNP
12 田口 明佳莉 4 0 2 2 4 0 0 1 2 2 4 0 0 0 5 20:00
15 清田 陽香 DNP
18 石川 裕実 6 0 0 3 4 0 0 2 3 0 3 0 0 1 2 17:47
27 小笠原 美奈 19 2 4 6 11 1 2 1 2 15 17 3 0 0 6 38:20
28 小木 爽加 DNP
31 熊倉 菜々子 DNP
32 池ヶ谷 優香 DNP
34 千葉 歩 11 1 3 3 7 2 3 4 0 5 5 3 0 0 3 34:34
35 岡部 真季 4 0 0 1 1 2 2 1 0 3 3 1 1 0 4 20:00
59 秋元 文香 8 0 0 2 6 4 6 2 0 5 5 0 0 3 3 23:53
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 8 0 0 0 0 00:00
合計 63 4 12 21 46 9 13 14 14 36 50 8 2 4 30 200:00

GAME REPORT

第1ピリオド、開始早々、専修大は#34千葉のドライブに#27小笠原のシュートが続き戦陣を切る。しかし、黙っていない筑波大はすかさず#12松本が3Pシュートで対抗すると#45佐藤が積極的にゴールに向かいファウルをもぎ取る。その後、専修大は#34千葉のバスケットカウント、筑波大はアグレッシブな守りから相手の隙を突き加点。終盤、互角の戦いのなか専修大は連取し最後は#27小笠原が着実にゴール下を沈め20-14。専修大が、僅かに抜け出し第2ピリオドへ。


第2ピリオド、序盤、筑波大はリズムの合ったオフェンスから#45佐藤、#20矢田が得点。一方の専修大も素早い展開から#27小笠原、#6近藤の3Pシュートが決まり優勢を保つ。その後も両者、一進一退の攻防が続く中、終盤に差し掛かると、筑波大は#14伊藤が立て続けに3本の3Pシュートを沈めて同点に追いつく。最後は、専修大#12田口が息の合った連携で得点し35-33と筑波大がリードを縮め後半戦へ。


第3ピリオド、序盤から互いに激しいせめぎ合いが続く中、筑波大は、素早いパス回しから#23渡邊、#12松本の1on1が要所を抑え、対する専修大は#18石川のリバウンドショットや#27小笠原の3Pシュートで加点と終始シーソーゲームが続く。ところが残り22秒、筑波大は#12松本の3Pシュートに最後は#27上栗がブザービートを決め56-50。勝負強さを見せた筑波大がリードを奪い返し最終ピリオドへ。


第4ピリオド、序盤から筑波大は、巧みなディフェンスから相手のミス誘発すると、#27上栗のシュートに#12松本3Pシュートで61-50とリードを広げる。苦しい展開が続く専修大は、#34千葉の単独ドライブで粘りを見せるが後が続かない。終盤、専修大は、タイムアウト直後に#3渡部のジャンパーでリズムを取り戻すと#34千葉の3Pシュートが続き猛追をみせる。しかし、筑波大は#12高辻がフリースローを着実に沈め勝負あり。69-63で、中盤に流れを引き寄せた筑波大が6つ目の勝利を勝ち取った。

小籔 夕未