試合区分:No.7
開催期日:2017年9月3日
開始時間:12:00:00
開催場所: 筑波大学 筑波校舎
主審:竹澤 友美
副審:向井 和宏

松蔭大学 52 11 -1P- 28
18 -2P- 13
14 -3P- 15
09 -4P- 23
-OT-
-OT-
79 白鷗大学

松蔭大学

HC:小林 夕紀恵
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 星澤 真 11 1 6 4 9 0 0 4 1 3 4 0 1 4 0 36:58
5 土倉 亜弥加 DNP
6 五十嵐 律美 DNP
7 稲葉 さくら 0 0 0 0 1 0 0 1 1 0 1 0 0 0 1 13:40
8 加藤 美紅 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:45
9 梅林 由佳 3 1 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 8:13
10 関﨑 南 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:02
11 加藤 宇希波 10 1 4 2 5 3 4 2 0 1 1 0 0 0 5 36:13
12 佐々木 亜美 DNP
13 小林 優香 10 1 6 3 4 1 2 1 2 1 3 1 0 0 0 36:58
14 横山 果菜 0 0 2 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 10:56
15 奥 伊吹 12 2 4 2 11 2 2 2 2 11 13 0 0 1 3 34:48
17 熊谷 日毬 6 0 2 2 7 2 4 0 2 1 3 0 0 0 2 15:24
18 安彦 かすみ 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3:02
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 10 7 17 0 0 0 4 00:00
合計 52 6 26 13 43 8 12 10 18 25 43 1 2 5 17 200:00

白鷗大学

HC:佐藤 智信
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 星 香那恵 15 1 3 6 13 0 0 2 3 1 4 0 0 0 0 29:07
5 神﨑 璃生 0 0 1 0 1 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 9:01
6 春日 イザベル瑠璃 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:02
7 米長 華菜 DNP
8 佐藤 京香 1 0 0 0 3 1 2 1 4 2 6 1 0 0 1 16:04
9 上田 祐季 18 4 9 2 3 2 2 3 0 2 2 1 0 0 3 23:48
10 渡辺 葵 2 0 0 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 1 0 2:23
12 小林 沙織 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3:43
13 三木 里紗 3 1 1 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 1 2 21:32
14 佐坂 樹 19 0 1 7 12 5 6 2 2 5 7 0 0 0 1 20:49
16 菊地 恵里奈 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:40
17 山崎 澪菜 16 2 5 5 6 0 0 1 4 3 7 1 1 0 2 21:04
18 軸丸 ひかる 2 0 2 1 3 0 0 1 0 3 3 2 1 1 2 28:09
19 今村 優花 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:06
20 シラソハナ ファトージャ 3 0 0 1 7 1 2 0 2 8 10 0 1 1 2 15:31
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 8 0 0 0 0 00:00
合計 79 8 24 23 51 9 12 13 18 31 49 6 3 4 13 200:00

GAME REPORT

第1ピリオド、開始早々、白鷗大は#9上田が3Pシュートにジャンプショットと連続で沈め、スタートダッシュに成功する。5点のビハインドを負う松蔭大はタイムアウトを請求し、#11加藤(宇)がフリースローをもぎ取るも単発に終わる。一方の白鷗大はその後も攻撃の手を緩めず、#14佐坂、#18軸丸と加点を続ける。中盤、松蔭大は#11加藤(宇)のジャンパーや#4星澤のゴール下などで調子を取り戻し始めるも、白鷗大#13三木や#4星の3Pシュートで差を広げる。終盤、白鷗大はフルコートでプレッシャーをかけ始めると#4星が連続得点を挙げ、28-11。白鷗大が大きくリードし、第1ピリオド終了。


第2ピリオド、序盤、白鷗大はプレッシャーディフェンスを仕掛けると#17山崎の速攻や#14佐坂のジャンプショットで加点し、流れに乗る。一方の松蔭大は苦しみながらも#11加藤(宇)のジャンパーや#4星澤の3Pシュートが要所で決まり喰らい付く。しかし中盤、白鷗大は#9上田が3Pシュートやジャンプショットを沈めるも、ミスが続き失速。それを横目に松蔭大は#17熊谷がリバウンドに飛び込むと#15奥や#11加藤(宇)が得点に繋げ、徐々に点差を詰めていく。終了間際、松蔭大#17熊谷がリバウンドショットを沈め、29-41。松蔭大が僅かに点差を縮め、試合を折り返す。


第3ピリオド、序盤、白鷗大はプレッシャーディフェンスを張り#14佐坂が得点するも、ファウルが嵩み、波に乗り切れない。一方の松蔭大はチャンスを活かし#17熊谷のフリースローや#4星澤のインサイドで加点し、点差は動かない。しかし中盤、白鷗大#17山崎がドライブやゴール下、さらにはリバウンドでも活躍し、流れを引き寄せ点差は20に。対する松蔭大は#11加藤(宇)や#15奥らが果敢に攻め込むもゴールに嫌われ無得点状態が続く。終盤、松蔭大は#15奥が2本の3Pシュートを沈め、さらに#4星澤がゴール下で得点。56-43で白鷗大がリードし第3ピリオド終了。


第4ピリオド、両チームミスが続き、重苦しい立ち上がりとなる。しかし開始3分、#4星澤のインサイド1本の松蔭に対し、白鷗大は#17山崎が3Pシュートを連続で沈め、再び白鷗ペースに。中盤、松蔭大は#13小林がジャンプショットなどで応戦するも、白鷗大は#9上田が2分間で2本の3Pシュートを沈め突き放す。終盤、松蔭大は#9梅林の3Pシュートなどで粘るも、白鷗大はリザーブメンバーを出す余裕を見せつけての勝利。79-52と白鷗大が昨日の雪辱を晴らした。


原田 知歩